アクセス解析から判明。みんながスマホを見ている時間帯って?

ブログ記事の書き方

超お久しぶりのはづきです!
年末インフルっぽくなったり年末年始鬱っぽくなったりしてたけど生きてるよ! え、仕事? まあがんばってるよ……仕事関係者も見ているブログだけど今回は趣味の話全開、ぜんっぜん「書き方」とは関係内容だよ! いやな予感がしたらブラウザバック推奨です。ブログとしてあるまじきことを書いているな……
「小説家になろう」アクセス解析からわかった、アクセス時間の話です。

スポンサーリンク

何か急に神様が下りてきて……

それは2019年後半のこと。夏ごろ、とにかく胃腸の具合が悪くて病院めぐりをしていた私に、元看護士ライターのH女史から「更年期障害なんじゃないの」と言われ、……はっ。そういえば最近生理周期おかしいよな!? みたいな。でもまだ産めるお年頃ですよ!? みたいな。超氷河期ですもの。年齢は察して。

ということを経て「とりあえず何かにときめこう」と思い、かたっぱしから目につく恋愛小説を読んでいました。ハーレクインのヒストリカルが好物です。同好の方、いらっしゃいます?
ただ、海外の小説って表現が回りくどいですよね。そのあたりは日本風のあっさり好みなので「物語は素敵なんだけどこう、言い回しなんとかならんものか、いまいち感情移入しにくいわ」と思っていたところ、神様が囁きました。

「じゃあ、自分で書いたら?」

書くっていってもネタなんかねーよ、と思っていたのですが、何がきっかけだったか覚えていないけどキャラと物語が降ってきました。
彼らは実に自由奔放に私の脳内を動き回り、物語が勝手に出来上がっていました。不思議だね、起承転結を設定しながら物語を作ってもうまくいかないことのほうが多いんですけど、こんな感じで降ってきた物語に起承転結をあてはめると、わりとすんなりエンドマークまで持っていけます。

有川浩さんが「目の前で展開する物語を、私はカメラを持って観察している感じ」とおっしゃっていたことがあります。自分で意図して物語を展開しているのではなく、キャラクターが勝手に物語を展開していく、たぶんそういうことをおっしゃりたかったのではないでしょうか。だいぶ古いインタビューの内容なので、うろ覚えですが。
仕事をしつつ、彼らの物語をつらつらとつづりました。

スポンサーリンク

出来上がったらそりゃ投稿してみたくなるよね

学生時代から、20代半ばくらい、まで、時々、物語はつづっていました。でも誰かに見せることなくしまいこみ、時々自分で見返すくらいしかしていませんでした。
しかし今回は! 私は違います! よくわからないけど「せっかくできたんだから投稿してやろう」と考えました。投稿先? そんなんもちろん「小説家になろう」です。最大手ですよ。それ以外よく知らないってのもありますけれど。

投稿しようかするまいかかなり悩んだんですけど、なろう巡りをしていると、実に内容が自由です(笑)
だったら私が混ざっても問題ないだろうと結論づけて、えい。投稿ボタン押してしまいました。2020年1月25日の出来事でした。わりと最近です。知らんかったんですけど、なろうって下書きに戻すことはできないんですね。投稿したら削除しかないみたい。気を付けて……

スポンサーリンク

無名投稿者はPVゼロって本当ですか

なろうといえば「PVない」とか「PVゼロ」といったキーワードが一緒に出てくるくらい、多くの人がアクセスに悩む場所でもあります。私は無名の新人です。だから私も誰にも見てもらえない寂しいスタートを切ると思いました。

よくわかんないけど、1つ目を投稿した翌日は日間36位にいました。マジでか。
3日目は11位、9位、6位と順位を上げていきました。マジでか。
4日目はついに日間ランキング5位、ページトップで紹介される作品になっておりました。ビビるわ。

この理由については考察しません、なぜなら私自身がネット小説の事情に詳しくないから。ただ、「女性向け恋愛ジャンルは別」という記事を見つけたので、なろうの主流たるファンタジージャンルとは違う力が働いているのでしょう。女性向け恋愛ジャンルはPV出やすいようですよ。ときめき大切。

ちなみに女性向け恋愛は異世界ファンタジーものに多く、現代ものでは男性向けのものが多い感じです。HQヒストリカル風な私の作品は女性向け異世界ファンタジージャンルなので、PV出るわ的条件に当てはまっていたようです。架空という意味でファンタジーではありますが、別に魔法とか転生とかは出てこない。

まあ実績のない無名の新人なんで、そのうちするーっと落ちていくとは思いますけれどね。なお作品は完成しています。連載ものは読者の反応を見ながら内容を決めると聞きますが、そういうものなの?

さて、私の予想外の話はここまで。以下はライターらしくアクセス解析について述べてみたいと思います。

スポンサーリンク

アクセス時間帯は朝と寝る前が多い

なろうのユーザーが全ネットユーザーと同じ動きをしているとは思わないのですが、それでも、スマホを手にしたくなる時間帯の目安になるのではないでしょうか。

私の作品のアクセス解析です。
ピークは7~8時、22~23時にあることがわかります。

つまり、通勤時間帯と寝る前にスマホを見ている人が多い、ということが言えるかもしれませんね。
この情報をブログに活かす方法が思い浮かばないのですが。書き出しの挨拶は「おはようございます」か「こんばんは」のほうがいいのかしら。なんとなく「今日または明日、ちょっと試してみたくなる」ネタを仕込むのがいいかもしれません。思い浮かばないけど。

スポンサーリンク

当たり前だけどスマホ閲覧が大多数

こちらはデバイスの解析。
全PVのうち約77%はスマホでした。つまり「スマホで見られることを意識した文章を作る」ということがネットコンテンツ作成における至上命題となりますね。

でも、ブログにしてもライティングにしても、たいていWordやGドキュメント使って作ってるでしょ? 見ている画面はパソコンなので、気を付けたいところ。

個人的には、スマホ画面で3~5行おきくらいに改行が入っていると読みやすいかなと思います。個人の裁量で改行入れてもいい文章には、意識して改行を入れたほうがいいんじゃないかな。って思いました。

以前担当していたコンテンツでは、「3行に1回、改行」「。ごとに改行」みたいなルールがありましたよ。そういえば。

どう改行するのが一番見やすいか、自分で動作確認するのが一番だと思います。ブログ投稿してる人は、スマホでも動作確認を!

スポンサーリンク

MISIAは同級生だった

話変わりますが、この物語のテーマ曲はMISIAの「It’s Just Love」でした。勝手にテーマ曲に認定して聴きながら書いていました。私が大学生のころ、化粧品のCMソングとして使われていたの。あらなつかしいー。覚えているサビから曲名調べている道すがら、MISIAと私って同い年だということが判明しました。
ちょっと目が遠くなった。

まあそんなわけで、「人は7~8時と22~23時ごろにスマホを見たくなる」ようです。
時間はまあ別に気にしなくてもいいとは思うけれど、スマホから見られるので、改行に気を付けたほうがいいとは思いました。

それからなろうでPV欲しいなら女性向け恋愛ジャンルがおすすめのようです。投稿デビュー4日目程度の無名の新人でも日間ランキングに載るし、PVだって合計2万あります。それだけユーザー数が多いってことですね、ラノベ界隈を席巻しているのもうなずけます。
個人のブログではとても出せないPV数ですよね。すごいわあ。

書籍化ラノベに見る、「Webコンテンツはタイトルが命」の意味
新聞連載小説ってどう書くん? たぶんこうなんじゃないかと想像してみた
最近は新聞をとっている人も減ってきていますが、新聞は「見たい情報」ではなく、一応は報道機関たる新聞社が「これは必要」と思う情報をコンパクトかつ漏れなくまとめているので、世の中の動きをきちんと把握したい人は新聞を紙で読むことをおすすめします。見出し見るだけでも何が起きているか把握できますのでね。 さて、今回はそんな新聞の必要論ではなくて、新聞に載っている連載小説についてのお話。 読んだことあります?
スポンサーリンク

追記(2020/01/29)

日間ランキング1位獲得しました。ありがとうございます。ただ世間で言われるほど日間掲載バブルは来ていないです。ブクマの上がり具合はランク外のころと変わりありません、とはいえ私としては完全予想外の数字が出ていますけれども。5日で1000とか、どうしてそうなったの!!?

ここから得た教訓ですが、

  1. ターゲットを意識する
  2. タイトルにはこだわる
  3. 定期的かつ安定した更新で安心感を与える

たぶんこの3つが功を奏したのだと思います。あとはビギナーズラック。

1と2に関してはライティングに通じますね。

3まで含めればブログ運営に通じるかもしれません。