作業中に音楽をかけるべき理由と、効率アップに向いている音楽の種類

ちょっと一休み

どうも。今回は案件やらクライアントやらの愚痴から離れて、作業用の音楽ってあったほうがいいの? ないほうがいいの? を脳科学のデータをあさりながら検証します。元データの真偽までは検証しませんのであしからず。

スポンサーリンク

作業系の仕事に音楽は有益か、邪魔なのか

 私の場合

私は音楽を聞きながら勉強したい派です。が、多くの人から「それって本当に頭に入るの?」と言われてきました。 はっきりいいましょう。 音楽かかっていようがかかっていまいが、関係ありません。ていうか、邪魔になるような音楽は聞かないよさすがに。 ただ、無音状態がいやなのです。かといって雑音にあふれているのもいや。最近、集中にはイヤホン音楽が効くとわかったので、単に「周囲に気が散らないで済む」というのが、私が音楽を聞きながら作業なり勉強なりする理由です。

音楽が有益なケース

音楽は気持ちに大きく作用します。 乗り気でないときにやる気スイッチを入れるものとして、音楽は効果があるんですよ。 そして黙々と作業系には音楽は邪魔にはならないのです。 また、周囲の雑音が気になる人にも音楽は有効です。私なんかそうですね。

得意なことをする時も音楽は有益

複雑な作業でも得意なことであれば、好きな音楽を聞きながらだとふパフォーマンスがアップします。 外科医も、手術中に好きな音楽を聞いているほうが、ノリノリで手術できるんだって。まあ確かにオペ室の張りつめた空気ってスタッフ全員の緊張感誘うから、何か音楽流れているほうがいいかもしれないよね…曲によるけど…

音楽が邪魔になるケース

何か新しいことを覚える時は実は音楽は邪魔です。これも脳科学で実証済み。 2010年ウエールズ大学で行われた実験によると、音楽を聞きながら課題を暗記した人は、音楽を聞かずに課題を暗記した人よりスコアが悪かったそうです。 あっ、じゃあ勉強中に音楽聞いてちゃいけなかったのか…!

スポンサーリンク

仕事に向いている音楽って?

脳科学的には、作業系BGMはクラッシックかインストゥルメンタルのほうがいいとされています。 理由は、歌詞が入っていると気が散るから。 まったく個人的な意見ですが、私も歌詞が入っている曲は作業用には使いません。なぜなら聞いてしまうから。特に日本語は理解できるのでダメです。英語なら部分的にしかわからないからOK、ヨーロッパ系の言語はわからないからまあOK、梶浦由記さんや新居昭乃さん、菅野よう子さんの曲のように「何言ってんのかわかんない」系もOK。けど中国語や韓国語は音になじみがないからNGなんだよなあ…気になってしまう… あと、集中力が増すと言われるクラシック系もNGです。 作品として完成されていると聞き流せず、特にメロディに起伏があるすごいやつ(ベートーベンみたいな)は、いつの間にか音楽に聞き入って手が止まるのでNG。 クラシックのピアノ曲は「これ弾けるかな」と楽譜の検索を始めてしまうからNG。

スポンサーリンク

管理人おすすめの作業用BGM

オサレなカフェにいる気分になれる曲。
ゆったりジャズで仕事しよう!
美しいピアノに癒されるぅ~♪
美しい歌声に癒されるぅ~♪ 作業用BGMじゃないけど。

お約束。