税理士に聞いてきた! フリーランス主婦が覚えておきたい税金の話

確定申告

今回はフリーランスの人が気になる税金や確定申告など「お金の話」です。クラウドワークスの在宅ワーク実践講座で、税理士さんに話を聞く機会がありましたので、気になるお金の話をご紹介します。

スポンサーリンク

所得税は「所得」にかかるお金

お金を儲けたら、儲け部分になんとなく課税されそうだなあ、というのはわかりますよね。
正確にいうと所得部分に所得税がかかります。
この所得は、

合計所得-経費=所得

もらったお金から経費を引いた残りの部分に所得税が課税されます。税率は金額が大きくなるほど高くなる仕組み。

所得が195万円までは5%
195万円~330万円は10%

これとは別に住民税が課税されます。

スポンサーリンク

いくらから確定申告が必要なの?

所得が38万円を超えたら確定申告が必要になります。所得というのは「収入-経費」のことなので、収入が500万あっても経費が490万かかっていたら、所得は10万円ということで、確定申告は不要なのです。
パートやアルバイトなど給与所得がある人は、20万円以上の所得があれば確定申告が必要です。

今年の確定申告は無事終了! フリーランスの自力申告の課題は?
フリーランスで仕事をしている人は確定申告が必要です。初めて確定申告をやる人のために、マイナンバーの通知の理由やおすすめ会計ソフトをご紹介します。
スポンサーリンク

開業届は必要なの?

開業届を出さないとペナルティがある、というものではないのですが、開業届を出しておけば節税効果が高い青色申告が使えるようになります。

青色申告のメリット

  • 65万円の特別控除がある(所得から65万円オフできる)
  • 赤字を3年繰り越せる
  • 消耗品費が30万円までOKになる(白色は10万円まで)

青色申告のここが大変かも

  • 複式簿記
  • 領収証の管理
  • 副業でやっていると失業保険がもらえない可能性あり

青色申告をするなら、会計ソフト導入がおすすめ。自分で複式簿記をつけるのは大変です(集計が)。

所得が38万円以下なら青色申告でも確定申告をする必要はないのですが、国民健康保険料は所得に応じた金額を徴収されるので、国民健康保険料を払っている人は「儲かってないんです」という証明のために確定申告をしておけば、納付金額が低くなる可能性が高くなります。

スポンサーリンク

いくらまでなら「扶養範囲内」なの?

主婦のパートの壁として「103万円」と言うのが知られています。103万円内なら扶養範囲内だから、年収は103万円以内に収めるようにようにしないといけない、という話を聞いたことがあるのではないでしょうか?
そもそもここでの「扶養」というのは、妻が税金の負担をしなくていい金額のこと。

給与所得者の配偶者、わかりやすく言うと働くパパさんには奥さんの基礎控除38万円が引かれた上に、さらに扶養控除65万円があります。つまりパパさんには始めから103万円の控除があり、この金額を越えなければママさんがパートに出てもママの所得はゼロ、だから特に課税されない、というわけ。
これが103万円の壁(2018年以降は150万円に変わります)

ところが、この壁は給与所得者、つまりパート主婦のみ。
フリーランスは38万を超えたら確定申告が必要になります。

スポンサーリンク

フリーランス主婦が意識したい「壁」は?

配偶者特別控除が満額もらえるのは85万円

妻を扶養している夫から見た場合、ママがフリーランスで稼いだお金が38万円以下なら、基礎控除以内なので配偶者控除が受けられます。38万円を超えても85万円以下なら、配偶者特別控除を満額受け取ることができます。
また、合計所得が123万円までなら配偶者特別控除を2万円受けられます。

社会保険は130万円超で発生

合計所得が130万円を超えると夫の扶養から外れ、自分で国民年金や国民健康保険を払わなくてはなりません。

福山市の場合の国民年金16,490円×12カ月=197,880円
国民健康保険 合計所得140万円で最大約20万円(1年あたり)

130万円を超えると負担が大きくなるので、フリーランス主婦は「130万円」こそ意識しておきたい金額と言えるでしょう。

スポンサーリンク

フリーランスが気になるあれこれ

所得を抑えるコツ

自分で払った

  • 医療費
  • 生命保険料
  • 地震保険料

これは経費として認められます。

また

  • 小規模共済等掛金

経営者の退職金制度とも呼ばれるもので、これも経費OK。今年は所得がありそうだ、という時に年払いで小規模共済のお金を払って経費計上、という方法もアリなのです。

38万円以下の源泉徴収は?

webライターならクライアントに源泉徴収されている人もいるはず。これはクライアントが税金を先払いしているというものなので、所得が38万円以下なら取り戻せます。
支払調書をもらって、確定申告に行きましょう。

クライアントが支払調書をくれない!

支払調書の発行は義務ではなく、実はサービス。くれないクライアントもいます。
その時は自分で計算すればOKです。支払調書は添付書類ではないので、正確な金額さえわかっていれば必要ありません。

家が仕事場の場合の経費の計上方法

電気代やプロバイダ料などは按分計算。全体の20%くらいだと思うなら、合計金額の20%分を経費として計上します。領収書はとっておきましょう。電気代は床面積で按分計算するようです。

使い心地を確認するために購入したグッズは経費OK?

個人的に使えるものは経費には計上できません。また収入より高額なものもNG。ダイエット効果を試してみようと購入した器具なんかは、経費にはできないということでしょうか。少額で、その場で消耗するものなら経費OK。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、市の在宅ワーク支援事業の一環として税理士さんを招き、フリーランス主婦のお金にフォーカスした話をしていただきました。なかなかこんな機会ないですよ! ありがとうございます。ただ税金の話は複雑すぎて、理解が及ばないところもありました。税理士さん、すごいね!

※2017年12月時点での法律に基づいています。