WordPressのテーマって定期的に変更したほうがいいの?

ブログの始め方

無料のブログサービスだと、テンプレートがたくさんあって気分によって変更することが可能ですよね。じゃあ、WordPressはどうなの? 気分によって変更してもいい? それに最新のテーマのほうが機能がいっぱいあるし…。
そこでちょっとテーマ変更について調べてみました。

スポンサーリンク

新しいテーマのほうが機能性がいいし、見た目もおしゃれ

私には運営するブログが2つあります。1つはここ。もう1つは地元の情報を提供するブログです。地域ブログは2018年1月3日に開設したので、この記事を書いている時点で運営開始から1年と3か月が経過したことになりますが、一度もテーマを変更していません。テーマどころか細かなカスタマイズすら初期から変更していないので、すでに老舗感漂うたたずまいになりつつあります。ヘッダーロゴは変わったかな!
テーマはオープンケージさんの「ストーク」を使っています。別に機能面で不満があるわけではないのですが、

  • ウィジェットの設定できる場所が少ない
  • 記事ごとに広告の切り替えができない
  • ショートコード満載だけど、呼び出すには自分でAddQuicktagにショートコードを登録しないといけない
  • AMPに対応していない(2019年3月時点では)

この点に関しては、ちょっと思うところがあります。ストーク後にブームになったテーマは、このあたりをクリアしていますしね。

ストークはスマホで見ることを前提に作られているので、ここもあまり不満があるわけではないのですが、完成されているため、外観はほとんど変更できません。ほかのテーマだと最初から外観テンプレートが複数用意されていたり、好きなように作り替えることができたりします。

洋服だって、家具だって、上質なものだから長持ちするけれど、デザインが古くなっていく…っていうのは、ありますよね。使い勝手だって、新しいもののほうがよかったりします。
使えなくはないです。大切に使っていきたいです。でも、毎日使うものだから使いやすさだって欲しいんです。
それに、時々「テーマを変更しました」という記事だって見かけます。

さて、本題です。
ネット環境は日進月歩です。じゃあ、ワードプレスのテーマも最新のもののほうがいいはず。ということは、定期的に最新機能を持つテーマに変更していったほうがいいんじゃないの?

スポンサーリンク

変更することで起こり得るメリット・デメリット

というわけで、テーマを変更するメリット・デメリットについて調べてみたところ、「人によって言っていることが違う」ということが判明しました…。ケースバイケースなんでしょうね。
そこで、いろんな人のテーマ変更体験談を参考に、共通してみられた意見をまとめてみました。
まずはメリットから。

  • 最新の機能が手に入る
  • (SEOが有利になる)
  • (広告管理が楽になる)
  • (編集作業が楽になる)
  • 運営者のモチベーションが上がる
  • 最新テーマのコミュニティを介して新しい仲間・知識が増える(かもしれない)

やはり「最新機能が手に入る」のと「外観・機能が一新して運営者のモチベーションが上がる」というのがメリットでしょう。
現行のテーマに対する不満点が改善されるわけですから。

でも、デメリットもあります。

  • アクセスが下がる
  • カスタマイズが大変

カスタマイズはまあ…今回のテーマから外れるので、詳しく説明している他のサイトに譲るとして、問題は「アクセスが下がる」です。

テーマ変更について調べていたら、アクセスが下がる、SEOに悪影響が出るという意見を目にしました。さすがに数が多いのですべてのサイトをチェックはしていないのですが、アクセスが下がったという人の意見を見ていると
「理由がわからない…」
というものが多かったです。その一方で「影響はなかった」という意見も、テーマ変更が吉と出た人も多くいました。

スポンサーリンク

なぜ、テーマ変更がSEOに影響を与えるのか?

私はプログラムについては素人なので詳しいことまではわかりませんが、ワードプレスって、テーマごとについている機能が違います。
ということは、ワードプレスのテーマとは、ブログを動かすプログラムそのものに大きな影響力を持っているということ。テーマを変更するというのは、システムをそっくり入れ替えるということに等しいのかもしれません。

内部をそっくり入れ替えることによって、Googleはもしかしたら「あ、あなた書き方さんの名札をつけてるのに、中身全然違う人じゃないですか! 新人さんということでよろしいでしょうか?」というように、今までの認識を改めてしまうのではないでしょうか?

ただ、入れ替えた中身が今までのものとそう変わらない場合は、「あ、書き方さん、ちょっとおしゃれになりましたね」と、Googleの認識もそんなに変わらないこともある。
テーマの中のことまではわからないのですが、こんな感じではないかなあと。

はづき
はづき

これは私の意見ですので! 実際のところは違うかもしれません。

スポンサーリンク

結局のところ、どうなの?

結局のところは、「やってみないとわからない」ということが言えます。ただし、テーマ変更で落ちたアクセスは、元のテーマに戻すことで回復することもあるようです。試しにやってみるのはアリかもしれませんが、デメリットその2である「カスタマイズが大変」を2度経験しないといけないので、時間的にキツイかもしれません。

ただ、同じ人が作ったテーマでの変更は、あまり影響が出ないようです。たとえば、わいひらさんのSimplicityからCocoonへの変更、という場合は特に影響が出ていない感じでした。

じゃあ、私の場合はストークからスワローに変えることに関しては安心だね…って、実質何も変わらへんやん!!

はづき
はづき

私が調べた範囲なので、同じ作者のテーマ間で変更してアクセス下がっちゃった人もいるかもしれません。

スポンサーリンク

結論

以上のことから、

  • ワードプレスのテーマは定期的に変更するものではない
  • 変更してみないと、吉と出るか凶と出るかはわからない

ということがわかりました。
だから、ワードプレスに詳しくない人は最初から「こまめにアップデートをして最新機能をつけてくれる、外観テンプレートがたくさん用意されている、ウィジェットや広告の設置が細かくできる」テーマを選んで一蓮托生するといいと思います。特にテーマ変更が面倒くさいと感じる人は。

どのテーマがいい? と聞かれたら、使ったことがあるストークかCocoonしかすすめることができませんが、最近よく見かけるテーマについては以下にまとめましたので、興味がある方はぜひ。2019年に入りましたが、傾向はこの記事を書いたときからそれほど変わっていないです。

どんなテーマが人気なの? WordPressテーマ2018【有料版】