ライターを始めるなら知っておきたい「CMS」の扱い方

基礎知識

webライターをしていて避けて通れないものが「CMS」です。
なんじゃそりゃ?
ライティングの納品方法には「Wordなどテキストファイルでクライアントに送る」のほかに「掲載サイトに直接入稿する」というものがあります。後者の「掲載サイト」のことをCMS(Contents Management System)といいます。
あら難しそう~私できるかしら~
大丈夫です。というか、CMS入稿の仕事は多いので、webライターする気なら、避けて通れません!
今回はCMSについてお勉強しましょう!

スポンサーリンク

CMSって何?パソコンに詳しくないと扱えない?

CMSとはContents Management Systemの略。日本語にすると「コンテンツ管理システム」なのですが、早い話が「ユーザーがログインしてコンテンツを書き込むシステム」のことです。「NAVER まとめ」や「はてなブログ」に代表される無料ブログもCMSの一種。

CMSの特徴は「誰でも簡単にサイトの管理ができる」ことにあります。
もともと、サイトを構築・更新していくためにはhtmlやcss、phpなど高度な知識が必要でした。今も本体を作るにはこうした知識が必要になりますが、「もっと簡単にコンテンツを更新したい」という需要に応えて登場したのがCMSという、コンテンツ部分だけを更新していくシステムです。webに関する高い知識(特にプログラム方面の)は不要であり、誰でもサクサクとコンテンツを作ることが可能になりました。

情報をどんどん発信していくタイプのサイトは、ほとんどがCMSを導入しています。
ゆえに、パソコンに詳しくなくても、webに関する知識がほとんどなくても、CMSは扱えます。
というか、そうした知識のない人でもサクサク更新するために作られたシステムです。
ご安心ください!

スポンサーリンク

CMS入稿ってどうすればいいの?

クラウドワークスやランサーズの募集画面で「CMS入稿」「弊社システム入稿」などと書いてあるとちょっとビビってしまいますが、先ほど紹介したようにCMSは「知識なんてなくても誰でもサイトに入稿ができる」素敵システムなので、恐るるに足らず!

クライアントによってCMSの見た目は異なりますが、一般的に、「見出し」「本文」「画像」など項目が決まっており、その部分に入力していけば入稿が完成するようになっています。

ちなみにNAVER まとめの入稿画面はこんな感じです。

また、どのクライアントも入稿マニュアルを用意しているので、よく読んでその通りに作業すれば入稿作業は終わります。ね、簡単でしょ?

スポンサーリンク

ワードプレスが使えるとアピールポイントになる!

CMSには様々な種類がありますが、世界で最も使われているCMSがWordPress(ワードプレス)というシステム。
このブログもワードプレスですが、

女子!SPA 
マイナビウーマン 
ガジェット通信 

このあたりもワードプレスで作られています。

ワードプレスは、高度な知識がなくてもサイトが構築できるシステムなので、世界中で導入されているのです。だからワードプレスでの入稿ができるとなると仕事の選択の幅がぐっと広まります。
で、ワードプレスって何? ということですが…

入稿画面はこんな見た目をしています。完全にブログです。

ただし無料のブログと違うのは、運営者によって細かく入力項目が異なるという点。ワードプレスは無料ブログと違い、運営者に応じて入力画面も柔軟に変えられるのです(システムをいじるので、知識がない人はプラグインで対応)。
だから一口にワードプレスといっても、入稿画面が「前見たのと違う」というのはよくある話です。でも大丈夫、使い方そのものはクライアントがマニュアルを用意してくれます。ない場合は「マニュアルをください」と申し出てもOKでしょう。勝手にどうぞと言われたら、うん…勝手にやっちゃうしかないですね。でもそういうクライアントはまずいないので大丈夫です。はい。

スポンサーリンク

ワードプレス入稿できます。どんなスキルが必要?

さて、「ワードプレスで入稿できます」とアピールするためには、ワードプレス入稿に関する知識が必要です。

超不親切ですが、赤色で囲ったあたりが扱えればOKです。
左側から、

左側から、

  • 公開設定
    下書き保存する時に使います。
    下書きができれば「公開」のボタンが現れます。公開ボタンを押せば公開されますが、押さない限りは下書きのままなので安心してください。万が一公開しても、ステータスを下書きに戻せば非公開になります。ステータス変更時には「変更を更新」ボタンを押すのを忘れないようにしてね。ステータスを変更しても、変更を更新しないと、ステータス変更になりませんので要注意!
  • タグ
    コンテンツにつけるラベルのようなもの。
  • アイキャッチ
    ブログで真っ先に表示される画像。うちのトップページで表示されている画像が、各記事のアイキャッチ画像になります。

なんか心配になってきた?
何度も言うけど、マニュアルにやり方書いてあるので大丈夫です!
それでも心配だという人のために、無料でワードプレスを使える方法をご紹介します。

スポンサーリンク

無料でワードプレスを練習する方法

さて、世界中で使われているワードプレスは、初心者でもマニュアル見ながら操作することは可能です。でも念には念を入れて練習しておきたいな! という場合は…

https://ja.wordpress.comを使う

無料でワードプレスのブログを開設できるサービス。
なのですが、このワードプレスは私たちライターが指すところのワードプレスとはちょっと違う。ワードプレスには違いないのですが、入力画面(の見た目)がまったく異なる別物なんですよね。そしてこのwordpress.comというサービスは「サブドメインである」「プラグインが使えない」などの理由から、一般的にサイト運営者は使用していません。ゆえに、「本物で練習」という感じにはならないかも…
じゃあなんで紹介したの、と言われると、「間違いやすいから紹介しました」という理由です。
ちなみにアカウントの削除ですが、情報を全て削除して「永久停止」にすることは可能ですが、ユーザー名は残り続けるのでご注意を。

https://ja.wordpress.com

無料サーバーにワードプレスを入れてみる

ちょっと面倒なのですが、将来的にワードプレスでブログ運営を考えているなら、こちらがおすすめ。
レンタルサーバーの中には、お試しとして無料で使えるプランを用意しているところがあります。無料だけどきちんとワードプレスをインストールして設定することが可能。クライアントと同じ方法でワードプレスのサイトを作れるので、ワードプレスの入力画面も本番環境に近いです。
ただし、サーバーにワードプレスをインストールしてちょびっと設定する必要があります。どちらかというとワードプレスに興味がある人におすすめの方法。

こちらで詳しく解説しておりますので、気になる方はご確認を。

いきなり有料サーバーなんて怖い! WordPressを無料で使えるサーバー
スポンサーリンク

まとめ

とまあ、いろいろ書きましたが、CMS入稿は初心者でも知識ゼロでもできます。マニュアル見ながら入力すればCMS入稿は可能です。
経験値ゼロでの応募は怖いな、という場合は、無料ブログを開設して投稿してみたらいいんじゃないかな。似たような感じです。で、「ブログ運営の経験があります」と書き添えればOKです。

健闘を祈る!

専門性がないなら作ればいいじゃない? 高単価ライターになる方法
ライティングは誰でも始められますが、高単価案件を取れるライターになるには「専門性」が必要です。じゃあ「ただの主婦です」には高単価は無理なのでしょうか?