クラウドソーシングで仕事探し! LINEで連絡を取りたいと言われたけど、これって安全?

副業

クラウドソーシングでのお仕事は、基本的にメールやチャットでのやり取りとなります。その連絡ツールとしてLINEを指定してくるクライアントもいます。
LINE、便利ですよね。
プライベートで使っている人も多いでしょう。LINEだとすぐに連絡に気づくことができるけど、見たこともないクライアントとつながるのって、ちょっと不安じゃないですか?
今回は、仕事にLINEを使うとこういうこともあるよ、ということをご紹介します。

スポンサーリンク

なぜLINEを指定してくるのか?

無料で使えることと、使っている人が多いことが理由です。
業務的な連絡は文字数が多くなるので、LINEは向かないと思います。また、LINEはファイルのやり取りが得意ではありません。ですが、知らないツールを導入させるより、今使っているツールを使ったほうがハードルが低いので、見ず知らずのワーカーと連絡を取る手段としては、LINEが一番無難なのです。それで業務のやり取りツールとして、LINEを指定してくるクライアントがいるんですね。

しかし、私は仕事にLINEを使うことはおすすめしません。その理由をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

プライベートと仕事は切り離したほうが精神衛生にはいい

LINEはメール代わりに、プライベートなやり取りで使っている人が多いと思います。
そこに仕事のやり取りが加わると、はっきりいって面倒くさいです。

未読・既読がわかるので、既読スルーがバレます。ビジネス系チャットツールは未読・既読機能はないので、読んだのか読んでいないのかはわかりません。既読スルーは相手への印象が悪くなります。

また、グループチャットだと「クライアントの返事にはすぐに反応しなければならない」みたいなルールも出来上がりやすいです。クライアントから何かしら反応を求められるメッセージを読んでしまったら、忙しくても、プライベートの楽しい時間でも、仕事への対応をしなければなりません。
既読スルーを続けていると、クライアントから「この人はレスポンスが遅い」と評価されて、仕事を回してもらえなくなるおそれもあります。

スポンサーリンク

グループが増えすぎて、よくわからないことになる

クライアントが案件ごとにグループを作っていると、このグループが増えて何がなんだかわからなくなるという可能性もあります。参考までに私のチャットワークの画面ですが、

グループだけでこんなにもある(表示できていないけど、まだ3分の1くらい下に隠れています)。

もう何がなんだかわかりません。実はこれでもかなり削除しています。

スポンサーリンク

タイムラインを見られるおそれがある

タイムラインは公開範囲を設定できますが、初期設定では友達全員に公開になっています。また公開範囲を設定していても、「新しい友だちに自動公開」がオンになっていると、タイムラインが公開されてしまいます。
きちんと設定していないと、友達に公開しているつもりで投稿したタイムラインが、クライアントにも見られているおそれがあるのです。
LINEは直感的に使えるので、細かな設定は忘れがちです。タイムラインの設定をしていない、またはそんな設定があることを知らない、という人は要注意。

スポンサーリンク

アカウント名から本名がバレる

初歩的なことですが、クラウドソーシングのメリットは匿名でやり取りできること。でもLINEには本名で登録している人も少なくないですよね。
本名を使っていると、当然、本名がバレます。本名公開に抵抗がある人は、フルネームから下の名前だけにするなど、変更したほうがいいでしょう。
仕事をする上では、クラウドソーシングのアカウント名と連絡用チャットツールのアカウント名はそろえているほうが、相手にもわかりやすいのでおすすめです。

スポンサーリンク

LINEで仕事の連絡を取るのは安全?

さて、LINEの安全性ですが、知らない人とつながったくらいでは個人情報がもれることはありません。
業務連絡にLINEを使っても問題ないという人は、使っちゃってOKです。

クラウドソーシングでは、運営サイト以外でのやり取りは把握できないですよ、と注意をしていますが、実際のところは、チャットワークや、Slack、メール、Googleドライブを使って行われることも珍しくありません。LINEだから危険ということはないのです。が、タイムラインの公開設定や、誤爆など、自分でうっかりやってしまうことには注意が必要です。

 

はづき
はづき

個人的には、LINEはプライベートで使いたいので、私はクライアントにLINEは教えません。だってスマホでの入力苦手で、予測変換からおかしなメッセージ量産しますし。

LINE教えてと言われたら「運営サイトのメールか、チャットワークやSlackじゃだめですか」と提案します。運営サイトのメールすらいやだと言われたら、後ろ暗い案件だと判断してお断りします。