確定申告の準備をしよう! 初めてさんが最低限用意するものって?

確定申告

年末ですね。確定申告の準備は始めていらっしゃいますか。初めてですか。そうですか。
確定申告は1月~12月の所得を申告して税金を納める手続きのこと。確定申告そのものは2~3月に行われますが、フリーランスの人は12月中には概算を出して「だいたいこれくらい」を出す必要があります。なぜって節税のためですよ。
今回はとりあえず「副業(ライター業)で初めて確定申告をする」人に向けての記事になります。
初めてさんはとりあえず、これだけ用意しとけ! の巻です。※税金については詳しく触れません。

スポンサーリンク

私は確定申告が必要ですか?

まず、確定申告が必要な人・不要な人について触れておきましょう。

  • 社員・パート・バイトなど、給与をもらっている人は、所得20万以上
  • 誰からも給与をもらっていない人は、所得38万以上
  • 20万または38万以下でも、クライアントから源泉徴収されている人

ここに当てはまる人は、確定申告が必要です。

ちなみに所得というのは、収入から経費を引いた「手取り」のこと。500万の収入があっても経費が490万なら、所得つまり手元に残るお金は10万円だから「所得ゼロ」なのです。※これだけ金額が大きいと明らかにおかしいので、税務署から説明を求められます。経費についてはレシート・領収書を残し、説明できるようにしておいてください。

スポンサーリンク

初めての確定申告のために、とりあえず、やること

初めてさんは「白色申告」だよね、を前提に話を進めます。

確定申告には「白色」と「青色」があり、青色申告は事業者専用の書類です。あらかじめ青色で確定申告したいです申請を出す必要があります。白色には特にそうした手続きは不要で、「今年は所得が多いので確定申告しますねー」という人向けです。なお白色にはAとBがあり、AはBの簡易版。青色申請していない個人事業主は白色Bで申告をします。医療費やローンの控除申請はAを使いますが、まあこのあたりは省略。

白色申告で必要になるのは「収入」「経費」「所得」の3つの金額。源泉徴収されているのなら、その金額も。

なので、Excelやスプレッドシートなどで「収入」「経費」「所得」「源泉徴収されている人は、その額」の合計を出しましょう。家計簿的に、何月何日にいくらもらった・使ったをセルに入れて合計金額を出せばOKです。
経費に計上するものは領収書・レシートが必要です。←確定申告の提出書類ではありませんが、7年間の保管義務があります。

合計金額が出たら次は経理ソフトを使ってばーんと仕訳していきます。あくまでも白色さんのためのガイドですのでいろいろはしょっていますよ、ご了承ください。

スポンサーリンク

経理ソフトに金額を一括入力で、面倒な作業を超省略!

1月1日~12月31日までの「収入」「経費」「所得」「源泉徴収されている人は、その額」の合計金額が出ましたか?
では、経理ソフトにどかーんと入れていきます。白色なので総額でOKです。
なので、

2019/12/31の日付で「収入」「経費」「所得」「源泉徴収されている人は、その額」を入力します。

え?
そんなことしていいの?

白色ならOKなんです。

いや、本当はよくないです。これからも事業を続けていくならきちんと経理ソフトに日付ごとに仕訳を起こすのが経理のルールです。でも、すでにパソコン内に帳簿がありますよね?
その帳簿があるのなら今年に関してはOKですよ。もう一度ソフトに入れ直すの? 面倒だわ。

実際、マネーフォワードクラウド確定申告を使っていたころ、私はこの方法で確定申告書類を作っていました。
なぜならMF確定申告は月の仕訳件数が決まっているからです。でもMFクラウドのほうが確定申告書類作成に関しては手間が少なくてサクサク作成できます。

弥生の白色申告は仕訳件数の制限がないのでおすすめですが、確定申告の書類作成に関してはステップに沿って作らなければならないので作り直すとその都度「こちらも直してね」というステップが提示されます。ええー、またやり直しなの、みたいな気持ちになる。

経理処理初心者、簿記の知識がない人は丁寧な弥生のほうがおすすめです。
いらちな人、簿記の知識がある人はMFクラウドでも大丈夫だと思う。
性能的にはどちらも同じですので、使いやすいほうをどうぞ。

やよいの白色申告オンライン

今年は余裕だったわ!「やよいの白色申告 オンライン」が便利過ぎて!
「今年初めて白色申告やるんよ」という方のために、超便利なツールと、これを使った確定申告書類の作り方をご紹介です。

はい、合計金額入れましたね?
最後に金額に相違はないですか?
なければ確定申告の書類作成ボタンを押しましょう。
自動的に書類が作成されますので、データをダウンロードして印刷すればOKです。お疲れさまでした。

提出するのは基本的に

  • 確定申告B 第1表
  • 確定申告B 第2表
  • 収支内訳表(1~2枚)

の3つです。ほか控除がある人は、添付書類が必要になります。

提出方法は「持参」「郵送」「e-Tax」があります。持参の場合は控えの書類を持って行って受付印を推してもらってくださいね。郵送の場合は宛名を書いた返信用封筒に切手を貼ったものを入れておきましょう。

ちなみに、提出した確定申告が「正しいか間違っているか」については税務署は教えてくれません。間違いに気づいたら自分で修正申告をします。税務署が気づいたら向こうから連絡があります。こわいですね。

源泉徴収ですが、還付対象の人は3、4週間で指定した口座に還付されます。還付時にはハガキで通知が来ますよ。

確定申告でお金が戻ってきたので、還付方法と還付のタイミングを調べてみた
3月半ば、確定申告の書類を作成するべく奮闘していたのですが、無事に手続きは完了して4月上旬、納め過ぎのお金が戻ってまいりました。やったー!還付されたので、備忘録として私のやり方と、還付方法と還付のタイミングを調べてみました。
スポンサーリンク

白色申告と青色申告は何がどう違うの? いくら稼げるようになったら変更するべき?

上でもちょっと触れましたが、白色申告は「ちょっと今年、稼いじゃった」という人のための申告書です。青色は「事業者として本気で帳簿をつける人」のための申請書です。
なので、

  • 継続して20万または38万以上の利益が出せる
  • この事業を継続する気がある(少なくとも1~2年はやる)

という人は青色申告に変更したほうが節税効果が高くなります。
そう、白色と青色の最大の違いは「控除額の差」です。

しかし青色にはこんな落とし穴? も。扶養フリーランサーは注意が必要!

開業すると扶養から外れる! 開業届を出さないまま青色申告はできる?
開業届を出さずに青色申告をすることは可能なのでしょうか?

白色はとりあえず「これだけ儲かったので、納税はこんだけ」というのを申告する書類です。
青色は本気の事業者向けなので、「資産、負債、利益、経費、今年のウチのサイフをとくと見よ」というふうにゼニまわりをつまびらかにする書類です。すごい手間です面倒くさいですきっちりした経営が求められます(どんぶり勘定はだめよってことよ)。そのぶん、「おまけ」が認められます。

国税庁が求める書類を全提出すれば控除65万円、それが( スキル的に)できなくて白色同等の簡易的な提出内容になっても10万の控除が認められるのです。
これは大きいです。

そのかわり、青色申告者は複式簿記での帳簿付けが義務付けられます。
単式と複式の違いは各所で説明しているのでそちらを参考してもらうとして。
複式難しそうって気がしません?
実は、そんなに難しくはありません。

はづき
はづき

私、一応、経理4年、簿記2級のキャリアがあります。
簿記に関しては2級は独学で取得したよ!

個人的には簿記の知識も不要なんじゃないかなーという気がしますが、自力で確定申告を作っていくためには、帳簿の仕組みや専門用語を知っておいたほうが楽だと思います。

フリーランサーは、どれくらいの知識があればやっていけるか? について。これは3級でOKです。また資格を取る必要はないので、ぺらぺらのうっすい参考書を手元に置いて眺めれば十分でしょう。困ったときは詳しい人に聞けばいいけど、詳しい人はフツーに借方貸方で仕訳科目や金額を伝えてきます。少なくとも借方貸方を使った仕訳( 手仕訳ってやつね)はできるようにしておいたほうがいいかな!

スポンサーリンク

おすすめの経理ソフトは?

私はマネーフォワードクラウド確定申告と弥生の白色申告を使ったことがありますが、初めてさんなら弥生のほうがわかりやすいと思います。またソフトとアプリなら、自動的に情報が保存・更新されるアプリのほうが使い勝手がいいんじゃないかな。
初めて確定申告するんよ! という人は、弥生の白色申告オンラインをおすすめします!

来年は開業したいんだ…

弥生の白色申告オンラインで確定申告書を作ると、開業届と青色申告申請書も自動的に作成された気がします。来年は開業したいんだ…って人は、確定申告ついでに開業届と青色申告申請書を出しちゃったらいいと思うよ。なぜなら3月15日までに青色申告申請をしないと、翌年の確定申告で青色申告が使えないからなの。

ちなみに青色申告申請を出したからといって、絶対に青色申告で申告しなきゃいけないわけではなく、白色で申告してもいいんだって。

弥生の青色申告は1年目は無料で使えます。

使いやすさならfreeeもいいけどこっちは無料プランはないですね。申告書の作りやすさには定評があるので、青色申告の人はfreeeを検討してもいいと思います。

私は開業届だけはなぜかfreeeで作りました。いや開業届の作成に関しては無料で使えたんで…。(青色申告申請書も作れるよ)

【会計ソフトfreee(フリー)】