アドセンスは加点方式? 減点方式? 運なのか?

アドセンス

最近「運なのか? これは評価云々ではなく、もはや運なのか?」と言われるほど審査が厳しくなっているアドセンスですが。
個人的には、減点方式なのではないか…と感じていたりします。
今回は効率よくアドセンスに合格したい人のために、Googleが好むジャンルの選び方と、審査における評価方式を考察してみたいと思います。※個人的な意見です。

スポンサーリンク

Googleの向こう側にあるものを意識せよ

ご存知のように、アドセンスはGoogleが配信する広告サービスです。Googleの向こう側には広告料を支払うスポンサーがいるのです。
Googleアドセンスはcookieを利用しているので、閲覧者の検索履歴はもちろんですが、ブログの内容にも左右されます。
ということはですね、このスポンサーが広告を出しやすいジャンルを選ぶことも大切なのです。
ぶっちゃけて言うと、スポンサー企業が多いジャンルで、閲覧者が広告をクリックしたり、サービス・商品の購入をしてくれる、そういうコンテンツが望ましいというわけ。
だから、こちらでも紹介しましたが、

これで一発合格! アドセンス突破のためのレギュレーション
アドセンスには様々な噂があり、正直、初心者にはわかりにくいものです。でも、私の目には「アドセンスの基準はとても明確」なものとして見えています。今回はアドセンス突破に必要なものをご紹介します。

客観的である必要はなく、体験談+アドバイスなりレビューなりがついているコンテンツが高い評価を受けるのです。

なぜなら口コミは強い影響力を持つからです。体験談に「だからこうしたらいいよ」というガイドがついている記事こそ、アドセンスが欲しいコンテンツと言えるのではないでしょうか!!?

いかんいかん、興奮して字が大きくなっちゃった。

スポンサーリンク

アドセンス審査は、減点方式?

さて。
アドセンス好みのジャンルがなんとなくわかったところで、次は審査基準ですが。
公開されていないので、実際のところはわかりません。
落ちる理由はただひとつ「ポリシー違反」なのですが、このポリシー違反って何だろうというと、アドセンスに不利益なことをもたらすもの。ですよね。

そう、Googleのサービスに不利益にならなければ、審査は通る可能性が高い!

高品質な記事をたくさんそろえなければならないというプレッシャーから、執筆内容に頭を悩ませている皆様。いかがです? こう考えたら、なんか気が楽になりません?

というのも、私自身、アドセンスを通ったときに心がけたことが、ライティングと同じで「クライアント(=アドセンス審査の場合はGoogle)に迷惑をかけないコンテンツであること」でございました。
スポンサーに迷惑をかけない、というのは至極当然のことですよね。
逆に、コンテンツそのものは「オリジナリティあふれる高品質なコンテンツ」ではありませんでした。普通の「〇〇5選」みたいな、調べて書いた記事だもの。
つまり、コンテンツの質ではない。私のブログは減点される部分が少なかったから、合格したのである。
そんな気がします。

その証拠に、今でも調べて書いただけのいわゆるコタツ記事もわりと…含まれていますが、ポリシー違反にはなっていないです。
何度も落ちているという方、Googleの向こう側にいるスポンサーを意識しつつ、「減点対象」を減らすことを心がけてみてはいかがでしょうか。

それがわからないんだよ、って?
そうですねえ…

そのあたりは、もっと詳しいアドセンスエキスパートな方に聞いてみると教えてくれるかもしれません。
健闘を祈る!

はづき
はづき

あくまでも個人的な意見ですので!