インスタ写真使われた! 自分のインスタ写真が引用されているか確認する方法

副業

仕事でインスタ更新もがんばっているはづきです。
仕事用なので写真に統一感がなく、インスタグラマーな妹から「意味不明なアカ」と切り捨てられました。ガチ勢こわい。
さて、前回インスタの引用について書いたあと、ふと「私の写真も引用されてるのかな?」と思って…検索してみました。引用されてました。しかも私に断りなしで!
自分のインスタ写真が引用されているか確認する方法をご紹介です。気になる人はやってみてね。

スポンサーリンク

やり方は簡単、いわゆる「エゴサ」で確認可能

やり方なんですけど、ものすっごい簡単です。
自分のアカウント名をみんな大好きGoogle御大の検索窓に打ち込むだけでOK。

あ、ありましたね…。(ちなみに私のアカウントを普通に検索すると、別サイトの記事がいくつかヒットしますが、こちらは許諾を出しています)

詳細を確認してみましょう。
該当ページを開いたあと、Ctrl+Fで自分のアカウント名を検索。すると使用場所がヒットします。

ありましたね。
なんと100均グルーガンの画像が使われているではありませんか…! おしゃれなサイトなのに、こんなショボい画像ですみません、なんか。

ちなみに、埋め込み引用されても私にはなんの通知もありません。
思い付きでエゴサしなければ、気づかなかったでしょう。

スポンサーリンク

勝手に使われるとか気ィ悪い! 著作権侵害では?

あなたのアカウントはいかがでしたか? フォロワーやいいねが多くつく人ほど、引用確率は高まります。なぜってそりゃ写真がフォトジェニックで、見栄えがいいからです。前にも紹介しましたが、

webライターは、文章だけでなくコンテンツに見合う写真も探さなくてはならない
webライターって文章書くだけだと思っていませんか? 実は、内容に見合う画像を見つけるところまでが仕事、というケースも少なくありません。さらにいうなら投稿を終わらせるところまで仕事っていう案件も少なくないです。今回は、写真探しのコツと、写真探すのとにかく大変! というお話です。
ツイッターやインスタからの「引用」、正しいやり方は?
ブログを書くとき、「画像がない」「口コミ欲しい」と思ったことありませんか? いっぺんに解決してくれる素晴らしいツール、それはSNS。記事に埋め込む形でSNSの投稿を引用する機能がついているから、勝手に埋め込み引用しちゃってもOK? について、ご紹介します。

キュレーションメディアは「吸引力があるサイトを安上りに作りたい」と思っています。きれいな写真は訴求力が高いので、運営者は大好き。自分で撮影したり、有料素材を買うと高くつくので、映えるインスタ写真はかっこうのターゲットですよ。だってタダで使えるもん。

「え、私のインスタ写真、勝手にタダで使われるの!?」

その通りでございます。
インスタ写真の埋め込み引用(上記の写真のような使われ方ね)されている場合、日本の著作権法では合法になります。なんでかっていうと、画像をダウンロードしているわけではなく、インスタが提供している埋め込み引用機能を使って表示させているだけだから。

元の写真を私が削除してしまえば、引用しているサイトに私の写真は表示されなくなります。
いやでも、なんで私が削除しないとあかんねん!

そんなときは運営元に「削除してください」とメールを送れば、基本的には対応してくれます。が、中には「ルールどおり引用しているだけです、問題はありませんが何か?」と開き直る(!?)運営元もいるとかなんとか…。
埋め込み表示は著作権的にはOKなんで、開き直られると自分側でアカウントを非公開にしたり削除したりするしかないのかも。

スポンサーリンク

これって引用? 引用じゃなくない?

さて、中には埋め込み機能を使わずに引用されることもあります。
こんな感じですね。

ちなみに引用した表示はこんな感じ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

hadukiさん(@haduki_maidoari)がシェアした投稿

上のものはインスタの画像をローカルにダウンロードしてサーバーにアップロードしています。これは著作権法的にはアウトな使い方。ただ、出典としてリンクが貼ってあるので、引用の方法としては間違っていないんです。ややこしいですね。でもやっぱり持ち主断りもなく画像を勝手にダウンロードし、さらに商業利用しているのはダメじゃない!?

現在、サイト運営者にとって「勝手に画像を使う」というのは大問題に発展する可能性があるため、責任感が強い運営会社ほど著作権に対しては厳格です。
だからきちんと「画像使わせてください」と言ってくるサイトは、まあまだ信用できるサイトと言えます。削除要請にもすぐに応じてくれるでしょう。
もし無断引用されていて、それがイヤなら「写真を取り下げてほしい」と運営元に連絡しましょう。

スポンサーリンク

顔が写っている写真が引用された!

もしコーデ例などで顔が写っている写真が引用された場合、肖像権侵害とプライバシー権侵害に当たる可能性があります。顔写真の無断利用から「なりすまし」「誹謗中傷目的」「個人情報さらし」「アダルト」などの被害につながったケースもあるので、顔を出すリスクについては十分承知しておいたほうがいいです。
さて、もし自分の顔写真が知らない間に引用・転載されてしまい、それをやめてほしい場合は、まずはサイトの管理者に対して削除請求をします。それに応じてくれない場合は、法的な手段に切り替えます。具体的には

  • 画像・動画の掲載の差し止め請求
  • 著作権・肖像権侵害、名誉毀損行為を受けたことに対する損害賠償請求

なのですが、法的な手段は手順を一つでも間違えると却下されてしまうので、知識がない個人が一人で対応することは難しいです。誹謗中傷目的で画像を加工さればらまかれた、無料配布用に作った写真を勝手に有料フォトストックに登録されたなど、ひどいケースの場合にはネット問題に強い弁護士に相談するのが一番。

ネットで自分の顔写真が勝手に加工・悪用された!無許可使用の対処法 | 誹謗中傷弁護士相談Cafe
Twitter、Facebookやインスタグラムにアップした写真を勝手に転用されてしまった。 アダルトサイトに掲載されてしまったり、インターネット上の掲示板でさらし被害に遭ったりなど、顔写真の転載問題は後を絶ちません。 自分のSNS上の顔写真が勝手に転載されているのを見つけたら、できるだけ早く対処することが大切です。拡
スポンサーリンク

まとめ:写真使いたいなら連絡ください

きれいに撮れた写真、おしゃれサイトに載せてもらえたら嬉しいじゃない? グルーガンはちょっとな…場違いな感じがしないでもないけど…。
私個人としては、人に見てもらうことを想定してインスタにアップしているので、使いたいんならやはり「この写真使いたいですー」という連絡がほしいです。
公開されたら見に行くし、Twitterやインスタで「使われました」って拡散するんで。
各サイト運営担当者様、ぜひ宜しくお願いします。

でも私のアカウント、統一感ないし、100均が続いたと思ったらいきなりコスメ物撮りとか、なんのこっちゃですわ。キャプションも入れていないものが多いし。

引用防止対策としては、キャプションの最初とかハッシュタグとかに「引用不可」「転載不可」とか書いておくといいかも。…画像を探すのはライターの仕事なので、「この写真使えないのか」「わざわざ不可とか書いてるから、引用したらトラブルになりそう」などと思って、引き返す効果が多少は…。

インスタに掲載許可のDMが来た! どうすればええの?
インスタの写真って素敵ですよね。メディア運営側がその素敵写真に目を付けないわけがありません。さて、インスタに掲載許可のDMが来たらどうすればいいんでしょう?