インスタの「いいね」が非表示になったら、どんな影響が出る?

ちょっと一休み

2019年7月、インスタグラムの運営会社はインスタの「いいね」を非表示にするテストを日本を含む7か国で開始。ランダムに選ばれたユーザーの「いいね」が非表示になっています。
今は一部ユーザーに限られた実験ですが、もし「いいね」非表示が全ユーザーに適用されたらどのような影響が起こるのでしょうか?
こと、インスタをビジネスツールとして使っている企業やインフルエンサーには、死活問題ではないかと思います。そこで「いいね」が非表示になった場合の影響について考えてみました。

スポンサーリンク

Instagramが「いいね」を非表示にする目的

 

この投稿をInstagramで見る

 

hadukiさん(@haduki_maidoari)がシェアした投稿

そもそもなんで「いいね」を非表示にするのかって?

それは「いいね」を気にするあまり、ユーザーがインスタグラムというSNSを楽しめていないのではないかとCEOのザッバーグ氏が懸念しているため。

もともとインスタグラムは好きなものをシェアし、同好の士とつながることを目的としたSNSです。しかしユーザーが増えるにつれ、「いいね」やフォロワー数など数字にとらわれるユーザーが増えてきています。インスタ映えのための危険行為、迷惑行為も目立つようになり、中には死亡事故につながるケースも。

「インスタ映え」の名勝で死亡事故… 続出する“中毒者”トラブル | デイリー新潮
ツイッターにフェイスブック、さらにはインスタグラムまで。巷はSNS花盛りである。…
旅行ブロガーが自撮り中に崖から転落 インスタ映えと命、どちらが大切か
崖の上で自撮りをしようとした夫婦が転落死。インスタグラムに追悼コメントがあふれています。

「いいね」やフォロワー数は自己承認欲を手っ取り早く満たしてくれます。勉強や生活態度、成績など「リアル」を評価してくれる人は、家族や先生、上司など限られているのに対し、インスタは実に多くの人が気軽に「いいね」してくれますよね。また好きなことをして「いいね」してもらえるんですから、好成績を取るよりも楽しいし充実感が生まれます。その敷居の低さもあって、インスタは世界中で大人気。「いいね」の数に依存する人が生まれるのもうなずけます。インスタは、このあたりに危機感を覚えたのでしょう。

ちなみに、「いいね」のシステムはなくなったわけではなく、見えなくなっているだけです。他人からは見えないけど、アカウント主は自分のいいねの数、いいねしてくれたユーザー名を確認できますのでご安心を。

スポンサーリンク

「いいね」が非表示になると考えられる影響

さて、ここからは「いいね」が見えなくなると出てくるかもしれない影響について考えてみます。

一部のユーザーは気が楽になる…かも

「いいね」欲しさに、写真や動画がより刺激的なものになってきており、それってなんか違うな、と思っているユーザーにとっては、気が楽になるかもしれません。
ただ、「いいね」の数をよりどころにしていた人にとっては、自己顕示欲を満たせなくなるので不満になるかも。

インスタグラマーはブランディング方法を変える必要がある

インスタグラムで稼いでいるインスタグラマーは、「いいね」の数が見えなくなるとどれほどの影響力を持っているのか可視化してくれるものが、フォロワー数だけになってしまいます。もちろんフォロワー数は影響力の大きさを測るものとして大切な数字ですが、フォロワー数よりも重要なのは実際に行動してくれる人のほう。つまり、「いいね」をつけてくれる人のほうなわけです。

基本的にインスタグラマーにはスポンサーがついており、スポンサー企業のPRをすることで収益を得ています。そしてスポンサーはインスタグラマーの投稿に対するエンゲージメント率を見ています。要するに「どの投稿にどれくらいの反響があるのか」を見ているわけですが、それがわからなくなるのはけっこう痛手のはず。
さらに、新しい分野でのインフルエンサー探しには苦労が予想されますね。

逆に言えば、インスタグラマーも「いいね」非表示になれば、検索上位に出てくることもなくなります。(たぶん)
ハッシュタグ検索が純粋に投稿順になってしまえば、古いものは表に出てきませんしね。

ゆえに、今までのようにインスタグラム一本で仕事をする、というのは難しくなるかもしれません。
ブログやYouTubeなどと並行させたり、ポートフォリオを作成したりする必要があるのかなと思います。またコメント欄を開放して積極的にコメントしてくれた人と絡んでいくことも求められるでしょう。

自分にはこれだけの影響力があるのだと、自分で可視化する…つまり、「営業力」が必要になってくると思います。ま、インフルエンサーは商売上手だからこのあたりはうまくやるでしょう。「いいね」非表示になれば、インスタ用のポートフォリオサービスも生まれてくるんじゃないかな。

スポンサーリンク

ところで、インスタグラム本体はどこで収益を得ているの?

ところで~
みんな大好きアドセンスはコンテンツの中に広告を差し込み、クリックされたら収益になりますよね。
ツイッターもタイムラインの中に広告がポッと出てきます。
GoogleもTwitterもメインの収益は広告なんですが、インスタには広告が出てこないですよね?
ほいならどこで儲けているの?

インスタの運営会社はFacebookです。だから、インスタはフェイスブックが運営費をまるっと出しているんですね。ちなみにフェイスブックの主な収入源も広告です。
インスタはフェイスブックのサービスの一部なので、フェイスブックと連携することもできます。むしろフェイスブックはインスタグラムの影響力の大きさを利用して、フェイスブック利用を促しているとも言えるでしょう。壮大なフェイスブック本体のプロモーション活動なわけです。

インスタグラムはもともとフェイスブックの一部だったわけではなく、まったく別の会社でした。インスタのアプリ提供は2010年10月。その2年後の2012年、インスタは社員13人、売り上げはほぼゼロにもかかわらず、フェイスブックに約10億ドルで買収されています。なんかすごいね。

スポンサーリンク

まとめ

インスタの「いいね」が非表示になると、

  • いいねが少ない肩身の狭いユーザーは助かる
  • インスタグラマーは多角的な活動が求められる
  • 企業はインスタグラマー探しが大変にな

こんなところかなー?

まっ、私は肩身が狭いユーザーなので「いいね」非表示には賛成ッス。特に影響がないというほうが正しいか。

インスタもいいけどジョジョもいいよね。アニメも終わっちゃうし、5部の原作を大人買いして余韻を楽しもう~♪