カフェの無料Wi-Fiは安全? 無料Wi-Fiを使う時の基礎知識

基礎知識

在宅ライターの仕事場は基本的に自宅。
家にこもって仕事をしていると、たまには環境を変えたくなるものです。カフェでライティングとかかっこよくない?
メジャーなカフェには無料Wi-Fiが飛んでいますが、一般的に無料で使えるWi-Fiは通信が暗号化されておらず、危険だと言われています。具体的に、無料Wi-Fiの何が危険なのでしょうか?
カフェで無料Wi-Fiを使う時の基礎知識についてご紹介します。

スポンサーリンク

無料Wi-Fiの仕組みと危険性

Wi-Fiとは、無線LANでインターネットに接続すること。無料Wi-Fiとは、文字通り無料で無線LANに接続できるサービスです。スマホやタブレットが普及したことにより、カフェだけでなく飲食店・コンビニ・ホテル・駅や役所などでも無料Wi-Fiサービスを提供する場所が増えてきました。

無料Wi-Fiのサービスには、提供エリアに近づけば誰でも利用できるようになるもの、利用開始時に登録やアプリのダウンロードが必要なもの、お店のスタッフにパスワードを聞く必要があるものなどがありますが、多くが暗号化されていません。

通信が暗号化されていないというのは、つまり、あなたの行動がすべて丸見えということ。たとえばあなたの部屋のドアに鍵かかかっておらず、道行く人があなたの部屋のドアを自由に開けて行動をじろじろ眺めることができる状態、と言えます。

また「つながりにくい」「接続できない」といったトラブルも起こりやすいのが無料Wi-Fiの特徴です。

スポンサーリンク

無料Wi-Fiを安全に使うためには

暗号化されていない無料Wi-Fiを安全に使うためには、どうすればいいのでしょうか?

暗号化されたサイトを使う

最近、ネットに接続すると、アドレスバーに鍵マークがついているサイトが増えていることにお気づきでしょうか?
鍵マークがついているサイトは、そのサイトとのやり取り(通信)が暗号化されていることを表しています。通信(あなたの部屋のドア)には鍵がかかっているので、知らない人が勝手に入ってきませんよ、というわけです。
鍵マークがついているサイトの利用に関しては、無料Wi-Fiでも安心して使えます。

端末側に全通信を暗号化する機能を持たせる

近年注目されているのが「VPN」というもの。VirtualPrivateNetworkの略で、日本語に直すと「仮想プライベートネットワーク」…なんのこっちゃ。暗号化されていない通信を治安の悪い地域とすると、VPNは目的地まで連れていってくれるタクシーのようなもの。治安が悪くてもタクシーを使えば、安全に移動することができますよね。あるいは渋滞する下道に対する高速道路というか。

VPNを使うには、VPNサービスを契約する必要があります。有料・無料ともにありますが、無料の場合はどこかで収益を出す必要がありますよね。有料VPNサービスの販促のために機能を制限したプランなら無料でも比較的信頼性が高いと言えますが、そうでない場合は安易にインストールしたりアカウントを作らないほうがいいかもしれません。
VPNサービスを契約するとサイトとユーザーのやりとりは暗号化してくれますが、VPNからはユーザーの情報が丸見えです。またオーストラリアの調査では、多くのVPN接続でセキュリティの情弱性が確認されました。
VPNサービスを利用するなら、有料のほうがリスクは少ないと言えそうです。

VPNサービスは海外の会社が提供しているものも少なくありませんが、セカイVPNは日本の企業が提供しているサービス。無料お試し期間が2か月ついているのもうれしいポイント。出先で無料Wi-Fiに接続することが多い人は検討してみてもいいと思います。

セカイVPN

端末をパブリックモードにする

Windowsには、公共のWi-Fiへ接続する際にセキュリティレベルを高く設定する「パブリックモード」があります。
タスクバーのLANアイコンを右クリック、「ネットワークと共有センター」を開き、パブリックモードになっているか確認。なっていなかったらスタート→設定→ネットワークとインターネット→イーサネット→接続名をクリック。次の画面のスイッチをオンにします。

プライベート? パブリック? ネットワークの種類の違いと切り替え方【いまさら聞けないWindows 10のTips】
 度重なるアップデートによって、次第に使いやすさを向上させつつある「Windows 10」。普段、何気なく使っているかもしれませんが、いつのまにか追加された新機能や知らずに過ごしていた便利な機能、隠れた機能なども存在します。本連載では、そんな知っておくと便利なWindows 10のTipsを紹介します。

セキュリティソフトを入れておく

VPNで通信を保護しても、ウイルスの端末への侵入は防げません。

席を立つ際には画面をロックする

VPNで通信を保護しても、画面を見られたらアウトです。

スポンサーリンク

無料Wi-Fiが使える主なカフェ

スターバックスコーヒー
タリーズコーヒー
ドトールコーヒー
上島珈琲店
コメダ珈琲
PRONTO
銀座ルノアール
シアトルズベストコーヒー

いずれも全店で使えるわけではなく、使えない店舗もありますので、公式サイトでチェックしてみてください。

スポンサーリンク

結論:安全性を重視するなら知識を持とう

無料Wi-Fiを安全に使う方法についてご紹介しました。基本的に無料Wi-Fiでの通信は丸見えであり、安全性を重視するなら「鍵マークのついたサイトしか利用しない」「VPNサービスを契約をする」「セキュリティソフトを入れておく」「端末のセキュリティレベルを上げる」といった対策が必要です。