在宅ワークは危険!? 詐欺から身を守るシンプルな方法

基礎知識

スマホの普及で、ネットを使ったサイドビジネスに人気が出ています。私が関わっているコンテンツマーケティングも、このあおりを受けて拡大している分野の一つ。

ネットを使った副業は従来のWワークと違い、「家で完結できる」というメリットがあるので、勤め人でも小さな子どもがいて外に働きに出にくい主婦でも、まだまだ若いモンには負けんぞ~という世代でも気軽にチャレンジできる一方、身を守る方法を知らないと詐欺や犯罪に遭ってしまう可能性もあります。

産経新聞に「「簡単に稼げる」在宅ワーク、副業の“落とし穴”」という記事が出ていたので、私の実感から身を守るシンプルな方法をお伝えしておきたいと思います。

スポンサーリンク

「簡単に稼げる」は嘘だよ!な事例

ここからは一般的な詐欺行為についてご紹介します。ランサーズやクラウドワークスなんかの仲介型は下で説明します。

養成費用・初期投資費用が必要

副業を始めるに当たり「養成費用」や「初期投資」が必要になるという話は、あやしさ満点です。これは昔から横行している伝統的な副業・内職詐欺。
現在は専用のソフトやツールを買わせる、というのも多いです。

違うサイトに登録させる

違うサイトに登録させるのは、情報抜き取りか、登録者数を増やすことが目的です。お友だち紹介でキックバックがもらえる、という仕組みを悪用して、悪質なサイトに仕事を装って登録させてクライアントはトンズラ、登録してしまった人のところには頼んでもいないDM、身に覚えのない請求書などが来る可能性があります。

報酬を支払わない

納品してもなかなか承認せず報酬を支払わない、という業者もいます。

簡単に稼ぐノウハウ教材を買わせる

これもよくある方法。すべてが嘘ではありませんが、8~9割は詐欺。

  • FX必勝法
  • パチスロ必勝法
  • 月100万稼ぐメソッド

定額は10万だけど今だけ2万円で提供!

ちなみにこうしたサイトにつきものの「私もこれで儲けました」という口コミですが、おそらく捏造です。(どんなサイトでも口コミは鵜呑みにしないほうがいいです。口コミ作成案件って、普通にクラウドソーシングで募集されていますから)

お金持ちの男性とお話ししましょ

メールレディ、チャットレディの案件もあやしいです。
お金持ちの男性なら、いくらでも素敵なお店に行けちゃいますよ。メールでウフフ♡なやり取りなんて、お金払ってまでしないって。だいたいお店のお嬢さんなら、ウフフ♡メールにも付き合ってくれるんだしさ~。

アフィリエイト、せどり

アフィリやせどりをやるぶんには構わないんです。あやしいのは上でも説明した「これをやると簡単に儲けられちゃうんです。そのノウハウを5万で教えます♡」とかいうやつ。ネット上に自分のショップをオープンさせて、自分の作ったものや仕入れたものを売ること自体は違法ではありません。ただ、ユーズド商品を売るなら古物商許可、何かを直接販売するなら特定商取引法に基づく表記、事業としてやっていくなら開業届などが必要です。

スポンサーリンク

クラウドソーシングサイトのクライアントなら安全、というわけではない

上では運営会社=クライアントを念頭に記事を作ってきましたが、もうひとつ、「外注したい人と受注したい人の出会いの場」タイプのサービスがあります。在宅ワークといえば、のランサーズやクラウドワークスは、出会いの場を提供するタイプの業者です。サグーワークスやShinobiライティングなどは、運営会社自体がクライアントになっているタイプ。細かいことはこちらで確認を。

ネットで仕事ってあやしいの? クラウドソーシングの基礎知識
在宅で仕事をしようと思った時、強い味方がクラウドソーシングサービス。でもあやしいサービスじゃない?大丈夫?クラウドソーシングサービスってどんな感じ?現役クラウドワーカーが解説します!

マッチングサイトでは珍しくない「あるあるトラブル」

  1. 契約成立後、いつまでも仮払いをしない
  2. 納品後、いつまでも検収をしない

1はいいけど2は成果物だけをもらって消えようって魂胆でしょう。運営に即通報。きちんと仮払いしてあり、やりとりの記録がサービス上に残っていれば報酬がもらえる可能性があります。クラウドソーシング「あるある」トラブル。

個人情報を求める系・何か買わせる系

  1. SNSを使ってフェイクニュース、ちょっとこれってどうなの的な内容の拡散をさせる
  2. あやしいサービスに登録させる
  3. 買い物代行
  4. 商品を受け取って、指定する住所に送る
  5. 専用ツールを買わせる

いかにも胡散臭そうな内容です。よく知らない相手に自分の個人情報を渡すってことは、今後別の詐欺に悪用される可能性も無きにしも非ずなわけで。そう思うと怖いですね。

ライティングに関しては、納品はワードかクライアントが用意しているCMSに投稿というケースが多いです。

スポンサーリンク

クラウドソーシングを使うなら「私」の情報は絶対に渡さないことが大切

以上のことから、クラウドソーシングサービスを使うなら「個人情報は渡さない」ことが大切です。
クラウドソーシングサービスは、お互い匿名でやり取りできる仕組みになっているんで、クライアントが個人情報を収集する必要がないのです。

  • 住所・氏名など個人を特定されるような情報は渡さない
  • 個人の情報が紐づいているSNSは仕事に使わない
  • SNSが必要なら仕事用アカウントで取得する

ただ、クライアントが法人の場合は源泉徴収をしなくてはならず、そのためには「誰の所得税を負担しているのか」という証明のためにマイナンバーが必要になります。ということから、マイナンバーを聞かれることはあるので知っておきましょう。

信頼できるクライアントの探し方はこちらで説明しています。

クラウドソーシング初心者必見! 優良クライアントの見分け方
クラウドソーシングサービスに登録したはいいけれど、怖い目に遭わないか心配ですよね。そこで優良クライアントの見分け方を、実際にクラウドソーシングやっている私が紹介します!

※クラウドソーシングはお互い匿名可能なんで、クライアントも実名で登録していない可能性があります。名前検索してみて「存在しない会社やん」は早計ですよ。ただ、マイナンバー送付時には「郵送するんで、本当の社名と住所を教えてください」と言って実名を聞き出し、検索をかけるくらいはしたほうがいいでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

在宅ワークで「誰でも簡単に月10万円」なんて、おいしい仕事はない!

だから、

  • あやしい儲け話をアピールするサービスには登録しない
  • 大手のサイトでも個人情報を求めてくる案件には乗らない

 

はづき
はづき

ちなみにCMS投稿のお仕事の場合、自分でアカウントを取る場合は「仕事専用の名前・アドレス」を使うか(よくあるワードプレス入稿なら、せいぜいアドレスとパスワードくらいしか求められません)、クライアント側がアカウントを用意してくれます。

と、在宅ワークなんてやめたほうがいいよ、みたいなノリでいろいろ書いてしまいましたが、要は信用できるクライアントとお付き合いすればいいのです。まえがき部分に書いたのでもうお忘れの方もいるかもしれませんが、現在、コンテンツマーケティングは賑わっている分野なので、ライティング案件は増加傾向にあります。人手が必要な分野なので、大手メディアなども普通にクラウドソーシングでライターを募集しています。

大切なのは優良クライアントの見つけ方。

クラウドソーシング初心者必見! 優良クライアントの見分け方
クラウドソーシングサービスに登録したはいいけれど、怖い目に遭わないか心配ですよね。そこで優良クライアントの見分け方を、実際にクラウドソーシングやっている私が紹介します!

ここで説明しているやり方でクライアントを探せば、なが~くお付き合いできるクライアントを見つけることだって可能です。

実際に私は、クラウドワークス経由で4年以上特定の法人さんと、継続して契約を結んでいます。