初心者には記事中のアドセンス設置がちょっとだけ敷居が高かった件

ブログの始め方

記事内にアドセンスタグを貼ろうとしたんですが、うまくいかなかったんです。

ブログで収益を出す上で心強いツールがGoogleアドセンスです。アドセンスの審査や合格のコツは他の親切なサイトをご覧いただくとして、アドセンスの設置方法は「タグをコピペして貼る」だけです。
簡単です。
ウィジェットに貼るのはいいんです、一度設定すれば済むから。
でも記事の中…って、ひとつひとつ、タグを貼るしかない?

これから毎日更新を目指して3か月で100記事を目指すのに、いちいちタグ貼り?

えー?

スポンサーリンク

記事中にアドセンスを貼る方法1 functions.phpをカスタム

メインサイトは OPENCAGEさんのストークというテーマを使っています。有料だけどカラフルでポップな雰囲気だから親しみやすく、初心者でも使いやすい一方、初心者向けなのでカスタマイズは最低限に留めているユーザーとは見た目がかぶりやすい、という側面もあります。
ストークに関してこの点をデメリットと挙げる方もいらっしゃいますが、私はデメリットまではいかないと思う。
だってメディアは見た目より中身が大切でしょう!
おもしろくなければ続けて見てもらえないもの。ちなみに私もそんなにカスタマイズしていないので「ストークだね」ということがすぐにわかっちゃう外見です。ストーク購入後すぐにスワローが公開されてちょっと悲しかった。

さて、テーマ論は置いといて。
アドセンスの設置方法で真っ先に検索して出てきたのが、使っているテーマのサポートブログだったんですね。
これによると

  1. おとなしく広告コードをひとつひとつの記事に貼る
  2. functions.phpをいじる

の2つがありました。

アドセンスは位置も重要なので、位置の修正のたびに全部編集し直すとかマジで、ということで、おとなしく一つ一つに貼りたくない私は2の選択肢しかなかったわけですが、現在FTPソフトを使っていないワタシ。
functions.phpをいじって真っ白とか…怖くてできなかった。

そこで特にアクセス数が多い記事を選んで手動で記事を挿入してみましたが、特にクリック数が上がることもなかったので、

「メインタイトルのすぐ下のクリック率高いし、これで記事中にアドセンス仕込んだらうっとうしいかも。ユーザビリティ大切っていうし、うん、別に記事の中なんてさ」

と、自分に言い聞かせました。

でも伸びないアドセンスに「やっぱり記事中もいるよねえ」と思い始めたのが、ブログ運営から4か月過ぎた頃。

スポンサーリンク

記事中にアドセンスを貼る方法2 プラグインを使う

WordPressにはプラグインといって機能を付け足す仕組みがあります。セキュリティが弱いという欠点があるので、2段階ログインに変えてセキュリティを強化するプラグインとか、アクセスカウンターのプラグインとか、バックアップを定期的に取るプラグインとか。多くは無料で使えます。
で、だ。
記事内にアドセンスを貼るプラグインもたくさんあります。

AdSense Plugin WP QUADSとかQuick Adsenseとか、これも親切な人がたくさん解説してくれていますので好みのものを選べばOKよ。
ちなみに私はAd Inserterというプラグインを現在は使用しています。いろいろ試したけどなんでかここに落ち着きましたわ。

スポンサーリンク

いきなり立ちはだかる403 Forbiddenの壁

私も優しい人のサイトを見ながら、勝手のよさそうなプラグインを見つけてインストール、有効化。設定もさくさく進み、すべては順調かと思われた矢先、設定ボタンを押すと

403 Forbidden
A potentially unsafe operation has been detected in your request to this site, and has been blocked by Wordfence.
If you are an administrator and you are certain this is a false positive, you can automatically whitelist this request and repeat the same action.

こんな表示が出る。
このプラグインがいけないの? 違うの使ってみる?

違うの使っても同じ表示が出る。

なんなの一体…?

スポンサーリンク

初心者にはわからないことだらけだわ、と諦めかける

プラグインを変えてチャレンジしてみたんですけど、結局原因がわからず。だってアドセンス設定以外のプラグインは有効化も設定も特に問題なく行えていました。テーマと相性が悪いプラグインがあるという話だし、もしかしてそれなのかも、とまで思い始めていましたが、何度目かのチャレンジで「403 Forbidden」の中に

 by Wordfence

という文字があることに気づきました。気づくの遅い。

「Wordfenceって私が入れているセキュリティか」ということに思い当たり、このセキュリティを無効にしてAd Inserterの設定をしたところ、ちゃんと記事内に広告が表示されるように

わーいやったね!

つまりセキュリティが、私のサイトの設定に変更を加えようとしているアドセンス設置用プラグインを弾いていたわけです。

スポンサーリンク

まとめ:味方だと思っていたヤツが犯人だった

推理ものでこの展開は「ええぇえ!!」という反応を引き起こすと思うのですが、私も「ぇええぇえ!!!」という反応をしてしまいましたわ。

というわけで、もしWordfenceを入れている人でアドセンス設置用のプラグインがどうにも403の壁に弾かれるという方は、アドセンス設置用プラグインの設定の間だけWordfenceを無効化してみてください。
そのあと有効にするのを忘れずに。

で、記事の中に広告を設置したところ…

今まで人気の記事に手動で入れていたアドセンスはほとんどクリックされなかったのに、全記事の1つ目のh2の下に入れるようにしたら、クリック率が上がってびっくり。

もっと早くに入れておけばよかった。

CocoonはAd Inserterと相性が悪いので使えません!