時短に! WEBライターが知っておきたいショートカットキー

基礎知識

今年度も引き続き、WEBライター養成講座のサポートスタッフをしているはづきです。こんにちは。
受講生の方と接していると、案外「ショートカットキー」をご存じないことを知りました。
ライターは出来高制なので、ひとつの記事にたっぷり時間をかけても短時間で仕上げても報酬は同じ。なら短時間で仕上げた方が効率的と言えます。
時短に役立つツールはばんばん使っていきたいところ。ショートカットキーはそんなライターにぴったりの時短ツールです。
借り物のノートパソコンにマウスがついていない時にも使えます。

文書の編集に使うショートカットキー

  1. Ctrl+A  全選択
    コピペ作業の時にとにかく使うショートカットキー。そこにある文書すべてを選択する時に使います。
  2. Ctrl+C 選択した部分をコピーする
    コピペ作業の時によく使います。
  3. Ctrl+V 貼り付け
    コピペ作業の時によく使います。
  4. Ctrl+X  カット(切り取り)が出来る
    選択した部分を切り取ります。
  5. Ctrl+Z  直前の操作の作業前に戻す
    うっかりやっちゃった時に役立ちます。直前の操作しかできないので、2つ前に戻すのは無理。

入力時に使うショートカットキー

  1. F6 ひらがな入力
  2. F7 カタカナ入力
  3. F8 半角変換入力
  4. F9 全角英数入力
  5. F10 半角英数入力

たとえば「ばんk」と入力してF9を押せば「bank」F10を押せば「bank」と変換されます。

置換・検索のショートカットキー

  1. Ctrl+F  文章内の文字列検索
  2. Ctrl+H 文章内の置き換え

「ちかんはH」なのです。日本人だけが「ぷっ」と思うショートカットキー。覚えましたね?

ライティングをしていく上で、文字の検索・置換はよく行う作業なので、ショートカットキーを覚えておくと操作が速くなります。

ブラウザ操作のショートカットキー

  1. Alt+Tab  ウィンドウ切り替え
    ライティングは複数のウィンドウを立ち上げて作業をすることはザラなので、ウィンドウ切り替えを頻繁に行う時に便利です。
  2. Alt+D アドレスバーを選択
    参照サイトをどこかに記録しておきたいときに。選択するだけなのでコピー、ペーストのショートカッキーを使って任意の場所にアドレスを保存しておきましょう。
  3. Ctrl+Shift+T 閉じたタブを復活
    閉じたタブを復活したいときに。連打すると一つずつ前の履歴が復活します。
  4. Ctrl+H 履歴画面の表示
    履歴画面の一覧を表示するショートカットキーです。個人的によく使います。

まとめ

ショートカットキーは便利です。マウスに手を伸ばす時間を短縮できるだけでなく、「あ、クリックし間違えた」といったミスもなく操作を行えるので、ストレスも軽減されます。
ライティングのお供にぜひショートカットキーを覚えましょう。