有料写真素材でクオリティアップ! シャッターストックとPIXTAのコスパ比較と注意点

ブログ記事の書き方

ブログを作る上で写真は欠かせない存在ですが、ぶっちゃけ無料で使える写真素材サイトは限られているので、いろんな人と丸被りです。
そんなとき、心によぎるのが「ああ、有料素材が使えたら」「でも高いのよね」

待って。

有料素材でも、一度購入すれば何度でも使えるタイプの写真はあります。だったらよく使う写真を購入して、使いまわしたらお得じゃない?

今回は、シャッターストックとPIXTAを比較してみました。

スポンサーリンク

世界最大級の写真素材サイト「シャッターストック」

シャッターストックは毎日15万点以上の写真が追加され、今や1億点以上の写真が登録されている世界最大級のフォトストックサービス。
有料フォトストックサービスの写真は、世界中のプロやアマチュアカメラマンが撮影し、フォトストックサービスの審査をクリアしたものが登録される仕組みです。自分が撮影した写真が買われると、金額に応じたペイバックを受ける仕組み。
個人向けプランには、

画像10点 / 月¥6,000 / 月
画像50点 / 月¥15,000 / 月
画像350点 / 月¥25,000 / 月
画像750点 / 月¥30,000 / 月

この4つがあります。ちなみにこれは月額プランで、年額プランにするともう少し安くなりますが、期間の途中で解約するとキャンセル料が発生します。
シャッターストックの写真は一度購入すれば、永久的に使うことができるので、1か月だけ契約してダウンロードしまくるのがもっとも安上りな方法ではないのか…なんて考えてしまうのですが、シャッターストックの契約は自動更新なので解約を忘れないように!

あとアカウントページからは解約ができず、解約するにはメールや電話で問い合わせるしかないようです。

Shutterstock: 写真素材・写真とロイヤリティフリー動画素材

スポンサーリンク

日本最大級のフォトストック「PIXTA」は、1枚から購入OK

PIXTAは日本の企業が運営するフォトストックサービス。
PIXTAはシャッターストックと違い、素材を1枚から購入することが可能。web用のSサイズなら1点につき684円。
定額の主なプランは、30日で10点ダウンロードできるプランなら9,720円、1日25点×30日プランなら37,800円。1日250点×30日なら58,320円。年額プランにすると1か月あたりはもう少しお得になります。
こちらも基本的に自動更新なので、解約手続きを忘れないようにしてください。

自動更新を希望されない場合は、契約期間終了日の3日前までに、「ご利用中のプラン」(要ログイン)にて「自動契約更新を停止する」手続きを行なってください。

契約期間終了までに再度「自動更新」に設定変更を行なわない限り、更新されずに定額制プランは終了となります。

https://pixta.jp/faq/?p=4927

 

写真素材・ストックフォト – 画像素材ならPIXTA(ピクスタ)

スポンサーリンク

コスパ比較 シャッターストック VS PIXTA

1か月のみ契約し、可能な限りダウンロードしまくる。を前提に考えてみたいと思います。
ダウンロードしまくるので、数は100枚以上は必要ということで、

シャッターストックなら画像350点 / 月¥25,000 / 月または画像750点 / 月
¥30,000 / 月。
PIXTAなら1日25点×30日間=750点で37,800円。

1枚当たりにすると、シャッターストックは約74円(または約40円)に対しPIXTAは約50円。

コスパ的にはどちらも同じくらいですが、1枚当たりは高くなるもののシャッターストックには月350枚プランがあるのがPIXTAとの違いかな。
仕事でどちらとも使いますが、私は日本人素材や日本的な風景を使うことが多いので、PIXTAのほうが探しやすいです。日本人にこだわらなければシャッターストックでもいいと思うけど。個人的な感想です。

解約に関してもPIXTAのほうがわかりやすい感じですね。シャッターストックがわかりにくいというか。

スポンサーリンク

透かしあり画像は無料素材じゃないよ

さて、話は変わりまして、時々見かけるのがこうした有料写真素材サイトの透かしが入った画像を使っているブログ。ライティングで納品されてきた記事でも見たことがありますが…。いやクライアントがシャッターストック契約していて「あとでまとめてダウンロードするのでとりあえず透かし入り画像入れといて」というのなら別だけど。

有料写真素材サイトでは「ロイヤリティフリー」と書いてあるけど、無料で使っていいわけじゃないんですよん…。これは各素材サイトの注意書きにもあります。

スポンサーリンク

有料素材を無断使用すると訴えられることもある

さて、有料素材を知らずにとはいえ無断使用すると、フォトストックサービスに訴えられることもあります。

有料写真が無断使用されたアマナイメージズ勝訴 クリエイター側の損害賠償のハードル下げる画期的判決
無断使用者に故意や過失があったかどうか立証しなくても、「未必の故意」があれば著作権の侵害。

写真の使用には細心の注意が必要なのです。

でも無料で写真を探すのは大変だから、有料のフォトストックサービスを契約して、素敵画像をダウンロードしまくってみたいものです。

※価格・情報は2018年11月時点のものです。変更になる可能性があります。