ブロガーこそライティング力が必要! ライティング副業で得られるスキル

ブログ記事の書き方

何かのサイトを見ていたら「副業講座」っていう広告が出たのね。
副業熱いな、と思いながら見ていたら、webライティング講座というのがありました。

「へえっ!」

私はプロフールにも書いてあるとおり、webライターが本業です。ブログを始めたのは、ライティングから遅れること3年。

ブログを始めてみて「これは、コンテンツマーケティングを知らないと収益化は難しそうだなあ」と感じたのが本音です。

コンテンツマーケティングがなんたるかを学べるのが、様々なwebコンテンツを作成するライティングという仕事。今回は、ブロガーこそライティング力が必要だと感じた理由をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

誰でもできるクラウドソーシングのライティング業務

さて、ランサーズとクラウドワークスは、言わずと知れたクラウドソーシングのマッチングサイト。
最近、副業が大流行ですので、どちらともいろんな仕事があふれています。
イラスト描けたりデザインできたり、サイトが作れたり、そうした特技がある人なら技術・クリエイティブ系の仕事を引き受ければいいです。そうした特技がない人ができるもの、それがライティング。
日本語の読み書きができればOKのお仕事です。

ライティングには一つの仕事を長く引き受けるプロジェクトと、口コミや感想のような短文・単発のタスクがあります。

どちらとも「依頼主」がいて、「依頼主の希望通りのものを仕上げる」というのがポイントでございますね。

この依頼主は企業のこともあるし、個人のブロガーのこともあります。最近多いですよ、個人だけど一人でたくさんのブログを持っていて、一人では更新しきれないので、コンテンツをクラウドソーシング上で集める、という人。

では、リアルにwebライターでブロガーでもある私が、ブロガーこそライティングをやったほうがいい理由を述べましょう。

スポンサーリンク

「儲ける」文章のコツがわかる

特にアドセンス突破ができなくて「何がいけないんだろう」と思っている駆け出しブロガーさんに多い気がします。「儲けるための文章」が書けていないのです。
別に難しいことではありません、「ターゲットを意識して」「その人に向けて理路整然と売りたいものをアピールする」これだけ。
これだけなんだけど、やっていないと身につかないスキルの気がしますね。
ライター経験なくナチュラルにできる人は、リアルで営業や接客をやってるんじゃないかな。
相手に合わせて態度を変えつつ売りたいものを売り込むっていう、そういうスキルがないとものは売れませんもの。
そういう、文章での営業スキルが身に付きます。

スポンサーリンク

客観的な文章が書ける

ライティングで求められるのはSEOに強い文章です。法人の案件なら、ライターの意見は必要ありません。客観的に事実を淡々と述べ結論を導く、そうした理路整然とした文章が求められます。

なぜなら「私は」「~と思う」と意見を主張していいのは、その道のプロだけだからです。

ブログではぐっだぐだな文章を書いてストレス発散をしている私ですが、法人に納品するコンテンツに「私は」や「思います」など、個人の意見を連想させる主観的な言い回しは入れません。ちなみにクラウドワークスでは「夏は足が臭いと感じる人も多いのではないでしょうか」という文も主観的でアウトでしたよ。夏はみんな足臭くなるんじゃね? と思うんだけど「みんなが臭いわけではないので」だって。こういう場合は「夏は気温が高くなり、分泌物が増えるため足が臭くなることが多くなります」となる。なんかニュアンス変なんだけど、客観的っていうのは、こういうことなの。というか、法人コンテンツでは個人的な意見は不要なので、客観的な文章にならざるを得ないのです。

まあ、ブログは個人の持ち物なので、客観性をそこまで求めなくてもいいと思うのですが、もしライターをやるのなら客観的な文章が書けなくては仕事ができません。自分が直接知ってるわけじゃないけど紹介したいもの、あるでしょ? そういう時に「客観的に理路整然と」書けると説得力のあるかっこいい文章が作れまっせ~。

スポンサーリンク

webコンテンツの作り方のお作法がわかる

文法的なお作法ですが、webコンテンツはスマホで読むことを念頭に置いて文章を作る必要があります。サイトによるけど、スマホからのアクセス本当に多いですからね。
具体的には

  • 文章は80字程度。100字超えたら長すぎ。
  • 文末表現は同じものを繰り返さない。許容範囲は2回まで。
  • 改行の入れすぎ、なさすぎ、どちらもアウト。

など。
また、SEOを意識したタイトルの作り方なんかもわかります。なお、ブログではこのお作法は完全に無視して書いています。すまんね、ライターらしくないグダグダな文章で。自分らしさを追求したらこうなった。

スポンサーリンク

クラウドソーシングのデメリット、それは、

  • 手数料の高さ
  • コスパの悪さ

「これだけ書いてこれだけかあ…」みたいな世界です。ブロガーの皆様におかれましては、勉強の場だと割り切って挑戦していただくのがよろしいかと…。

初心者可の案件では、コンテンツの書き方をまとめたマニュアルを独自に作ってて渡してくれるクライアントが多いので、コンテンツの作り方を学びたい場合はマニュアルつきのプロジェクトがおすすめです。

あ、ナチュラルにできる人はクラウドソーシング修行は不要です。

気になる人は挑戦してみてね!