未経験からライティングに挑戦! でもスキルってどう身につけたらいいの?

基礎知識

ライティングは未経験でも挑戦できます。さらに、日々変動するコンテンツマーケティングに対応するため、クラウドソーシングでは多くの案件が発注されており、仕事を得やすい仕事でもあります。
とはいえ、まっっったくの未経験者がいきなり5000字の長文に挑むのは、やっぱり無謀。
「え、ブログ書いてるからへーきだよー」という方、それ無料のブログじゃないよね?

今回は、まったくの初心者がwebコンテンツを作るスキルを学ぶ方法についてご紹介します。

コンテンツの書き方を紹介しているサイトを参考にする

コンテンツの書き方を紹介しているサイトはたくさんあります。うちでも紹介していますが、私の「ライティングの基礎知識」は本物ですよ。何が本物って、大手さんから手渡されたマニュアルを複数参考にしていますのでw
もちろん、そのままではありませんが、どこも同じようなことをポイントとして挙げているので、実用性は高いと自負しています。

在宅ライター初心者のための基礎知識1「レギュレーションの確認」
ライティングは専門的なスキルが不要なので誰でも取り組むことができる仕事ですが、基礎知識ゼロでチャレンジすると痛い目に遭う可能性が大です。そこで、在宅ライターを始めるなら知っておきたい基礎知識をご紹介。

とはいえ、マニュアル読んだだけで優れたコンテンツが作れるなら、私が苦労してねーよ、という話になりますので、読んだだけではだめなんですね。センスも必要だし、意欲も必要だし、培ってきたカンのようなものも、あったら便利。

そう、やればやっただけスキルがアップする部分があるんですけれど、まずは第一歩が踏み出せなくて困っているんですよね。

だいじょうぶ、そういう時の方法を伝授してまいります。

初心者歓迎! 主婦優遇! の案件に応募する

何はともあれ、第一歩がなければ次がありません。
気軽さでいえばタスクのほうが上ですが、時間制限があるので個人的にはおすすめしません。考える時間は必要です。
とりあえず、第一歩は「初心者歓迎」と出している案件に応募してみましょう。単価は0.1~0.5円と激安を狙います。第一歩はお金じゃないんです、ライティング経験ありという実績が欲しいのだからこれでいいんです。

クライアントから見て、文字単価はライターのスキルと比例します。
単価が高い案件は、スキルが高い人向け。
単価が低い案件は、スキルが低い人向け。
初めてやるなら、たとえ腕に覚えがあっても、まずはスキルが低い人向け案件を狙いましょう。だって練習なんだもの。はっきりいって、低単価案件は「書いてくれたら誰でもいい」という案件ですので、採用率が高いんです。実績ゼロ未経験でもOK!! 気後れする必要まったくゼロ。

またこの際に「丁寧なマニュアルつき」という案件を選びましょう。

ただし、「初心者募集! 大量採用!」という案件では、まれにライターにソフトを買わせる、個人情報を入力させる、実は全然ライティングじゃなかった、などの案件も混ざっていたりします。初心者を狙った、あくどい発注者がいますので、あやしいと思ったら即引き返しましょう。

クラウドソーシング初心者必見! 優良クライアントの見分け方
クラウドソーシングサービスに登録したはいいけれど、怖い目に遭わないか心配ですよね。そこで優良クライアントの見分け方を、実際にクラウドソーシングやっている私が紹介します!

この点、単価の高い案件は本当に質の高い記事が欲しいから高単価を提示しているので、クライアントはメディア運営者であることが多いです。

サグーワークスのプラチナライター試験に挑戦する

サグーワークスはライティングに特化したクラウドソーシングです。ランサーズやクラウドワークスみたいに、クライアントとやり取りする必要がないので、営業力に自信がない人にうってつけ。

サグーワークスのプラチナライターとは、「この人できます」と認定したライターのことで、サグーが持っているクローズドの高単価案件を紹介してもらえます。
で、認定試験はサグーの中のライティングのスペシャリストがきっちり添削するので、返ってきた記事はダメ出しの嵐。気持ちはボッコボコ。でも、無料なんです。無料でプロにチェックしてもらえるのはサグーのプラチナライター試験だけですよ。しかも受かれば「この人できる」とお墨付きをもらえるうえに、高単価案件までゲットできちゃう。

何度でも受けることができるので、ライティングのスキルを磨きたい人は、プラチナライター試験を受けてみるといいですよ!

サグーライティングプラチナとは|在宅ワークの【サグーワークス】
サグーワークスは、3,100社以上の記事作成・SEO支援実績を誇る【国内最大級の記事作成サービス】です。SEO視点での記事作成を得意とし、記事作成代行・ライティング外注に特化したサービスだからこその仕組みで、高品質コンテンツを提供しています。

ヒューマンアカデミーのWebライティングコースを受けてみる

最近注目されているわりに、具体的なスキル育成の方法がないのがwebライティングなのですが、最近、ヒューマンアカデミーの通信講座にWebライティングコースが登場しました。
クラウドソーシング最大手のランサーズがバックアップしているので、超即戦力を身に着けることができます。

また日本クラウドソーシング検定協会が主催するWEBライティング技能検定試験という資格もあり、合格者は提携しているクラウドソーシングで優先的に案件を受注できるようです。ヒューマンにはWEBライティング技能検定試験講座もあります。
基礎からばっちりスキルを身につけて、webだけでなく、ゆくゆくは紙面の記事もやってみたいと考えている人は、受講を検討してみてはいかがでしょうか?

ライティングだけでなく、webデザイナーや動画クリエイターの講座もあります。MacとAdobe CCソフトつきのコースもあるので、ツールを買いそろえる手間もありませんね。しかもアドビソフトがアカデミック価格で買えちゃいます。

たのまな 在宅ワーク特集

 

結論:わからないことはその道のプロに聞くのが一番早い

ライティング初心者がライティングスキルをアップする方法についてご紹介しました。ライティングって、やってみたらわかるのですが、けっこう難しいです。私は誰かに習ったわけではなく、いわば独学でやってきたので、サグーやヒューマンアカデミーなどプロの指導が気になりつつ、怖いので近づけません…。私のスキル全否定されそうで。
しかし、わからないことはその道のプロに聞くのが早道なのです。これからwebライティング始めようと考えている人は、プロの指導を仰ぐことも検討してみてください。

独学でもできないことはないのですが、常に「これでいいのかなあ」という気持ちがつきまといます。私です。また高単価ライターになるためにも、正しい知識は絶対に必要です!