ブログをSSL化しよう! もっとも簡単な方法を1つだけ紹介するよ

ブログの始め方

最近何かと話題のSSL。
話題になりすぎてちょっとブームが去ってきている感もあるSSL。
「なんのこと?」というと、アドレスバーに南京錠マークがついているサイトのことをSSL化されたサイトといいます。つまり、通信が暗号化されていて、安心して利用できまっせ、という証明のようなものです。
そう、だからあなたのブログのアドレスバーに南京錠がついていなくて「保護されていない」なんて表示されていたら、SSL化されていません。
なんかヤバイのー?
どうすればいいのー?

解決策は超簡単です。ご紹介します。

スポンサーリンク

プラグインで一発解決! Really Simple SSL

あなたのサーバーがすでにSSLに対応しているとします。
それならば、プラグインで「Really Simple SSL」を検索し、インストールし、有効にすれば解決。
それだけでOK。
あら不思議、F5連打でアドレスバーに南京錠が現れた!

簡単ですねえー。

スポンサーリンク

SSLって何?

SSLとは、サイトと閲覧者の間の通信を暗号化し、第三者に盗み見られないようにする仕組みのこと。

たとえばネットショッピングで、カード番号や名義を記入したりしますよね。あれ、誰からも見える状態だと、悪用されてしまいます。だってネットショッピングって、暗証番号まで求めないでしょう。

サイト運営者には閲覧者またはユーザーの利益を損なわないように配慮する必要が求められます。スケスケ状態で個人情報求めてくるようなサイトって、利用したくないじゃないですかー。なんとなく。
という流れから近年、GoogleはSSL化されているサイトの評価を上げるようにしているので、各レンタルサーバーもSSL対応になってきています。特に何かしなくてもSSL化されたブログができるのですが、私のようにたまに「あれ、ちゃんと書いてあるとおりの設定にしたのに、鍵つきにならない」という人も出ます。
そういうときはReally Simple SSLですよ。

スポンサーリンク

SSL化しないと、どんなデメリットがあるの?

なんだか面倒くさい、今のままじゃだめなんですかー。
という人もいるかもしれません。
だめではないと思いますが、GoogleはSSL化されているか・いないかをアドレスバーで一目瞭然にしてしまいました。

スマホだとこんな感じなんですが、パソコンだとご丁寧に「保護されていない通信」と出ます。
これが目に飛び込んできたらドキッとしますよね。
ちなみにchrome以外のブラウザでもほぼ同じように表示されます。

SSL化していると、アドレスバーに緑の鍵が出ます。

なので、SSL化していないと、

  • 通信が保護されていないサイトであることがわかる
  • Googleの評価が低くなる

といったデメリットが生まれます。

これをデメリットと感じない「一方的な情報の提供のみのサイト」「Googleの評価なんてまったく気にならないほどブランド力がある唯一無二のサイト」であれば、SSL化しなくても大丈夫。

うーん、新聞社のサイトとか?

ためしに産経と朝日を見に行きましたが、どちらともSSL化してありました。

はづき
はづき

なんでその2つなん?

スポンサーリンク

有効後、設定も必要

Really Simple SSLは有効にすればそれだけでSSL化されるのですが、それでも設定のところにチェックマークがついたままになります。

 

これは301リダイレクトが有効になっていないからで、設定画面でEnable 301 .htaccess redirectを有効にすれば消えます。

301リダイレクトとはドメイン変更やパーマリンクの見直しなどでURLを変更したとき、変更後のURLへユーザーと検索エンジンを転送する仕組みのこと。「引っ越しました、今はこっちにいます」と教えてあげたほうが親切でしょ。

スポンサーリンク

まとめ

というわけで、借りているサーバーがSSL対応しているのなら、サーバーの説明通りにSSL化する設定をしましょう。
よくわかんない場合はReally Simple SSLを有効にすれば、SSL化すると思います。
特にこれからアドセンスに申請するよーという人で、ワードプレスの設定がよくわかんないぞ、という人は試してみてね!

SSLしていないことでアドセンスに不合格になったら悲しいので。いえ、SSL化が審査項目に入っているかどうかはわからないのですが、御大が推奨していることなので、対応していないよりは、していたほうがいいだろうと思うのです。

でもブログの設定ばっかりやってると疲れるよね!

そんな時はジョジョセットはいかが? 私のイチオシは5部です!