主婦が開業しても大丈夫? 夫の扶養から外れる可能性について

確定申告

在宅で仕事を始めるなら、検討したいのが開業届と青色申告承認申請書です。開業届を出せば青色申告承認申請書を出すことができるのですが、扶養されている主婦が開業届を出すとどういう影響があるのでしょうか?

スポンサーリンク

開業すると、家族手当がもらえなくなる可能性がある

多くの会社で「家族手当」というものがあります。これは扶養家族(扶養内パートもOK)がいる人に対し、会社が「一馬力で家族を養ってお疲れ様」的な意味合いで支給してくれるお金。会社の福利厚生の一環なので、金額も規定も会社によって異なります。
だから、会社によっては、開業届を出しても売上が103万以下なら家族手当を出す、というところもあれば、開業届を出した時点で家族手当を打ち切る、というところも。
あなたのご主人の会社はどうでしょう?
要確認です。

スポンサーリンク

開業すると、社会保険を自己負担する可能性がある

税金と社会保険料は別物です。
パートでも個人事業主でも、年収130万までは夫の社会保険に入ることができますが、130万を超えると年金保険料を納める必要のない国民年金の第三号被保険者から外れるので、国民保険と国民年金に加入し、自分で全額納付しなくてはなりません
そして扶養を外れる条件は、加入している健康保険組合によって異なるのです。「所得130万までOK」だったり「年収130万円までOK」だったり、中には「金額にかかわらず、配偶者が個人事業主の場合はダメ」というところも。
要確認です。
また金額規定があるところであっても、社会保険料は数十万の負担になります。130万円を大きく超える収入が見込めるなら夫の社会保険から外れてもいいでしょうが、規定の金額(多くは130万円前後)なら、扶養内に収まるようにしておいたほうがいいかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

主婦が開業すると扶養から外れる危険性についてご紹介をしました。
まずはご主人の会社の家族手当の規定、健康保険組合の規定について確認をしておきましょう。開業届が認められるなら、開業届を出し青色申告を使ったほうが、控除額が大きいので節税効果が高まります。

 

 

参考:
https://keiei.freee.co.jp/2018/03/02/kaigyo_mondai/
https://www.lancers.jp/magazine/30074
https://mamatax.com/self-employment/start-self-employment/