ネットで仕事ってあやしいの? クラウドソーシングの基礎知識

基礎知識

在宅で仕事をしようと思った場合、ライティングに限らずWeb制作・Webデザイン、システム開発、デザイン制作、もっと単純な作業(タスク)など、在宅で完結できる様々な分野の仕事探しができるクラウドソーシングサービスを使うのが便利です。

しかし、ちょっとあやしいイメージがあるのも事実。そこで今回は「クラウドソーシングサービスの基礎知識」を解説します!

スポンサーリンク

クラウドソーシングとは?

今、話題のクラウドソーシングサービスは、なんのツテもない人が在宅でwebライターをしようとすると、頼ることになるものです。とても便利なものですが、「自己責任」もつきまといます。どんなものかきちんと知っておきましょう!

クラウドソーシングとは

crowd(群衆)とsourcing(業務委託)の造語で、企業がネットを通じて不特定多数の人に仕事を外注する、というもの。

この「仕事を外注したい人」と「仕事を受注したい人」のためのマッチングサイトが、ランサーズやクラウドワークスといった会社になります。このサイトには、仕事を頼みたい人、仕事を引き受けたい人が集まっていて、たとえばとある企業が「うちの会社のサイトを作ってください」という依頼をすると、サイトが作れる人が応募して、条件が合う人と契約を結んでサイトを作る、という感じです。

代表的なサービス会社

代表的なものには「ランサーズ」と「クラウドワークス」があります。
どちらとも取り扱っている仕事の種類が多く、合わせてユーザーも多いのが特徴。いずれの会社もアカウント名で仕事を受注でき、クライアントに名前を始めとした個人情報を提供する必要はありません(クラウドソーシングサービスの登録に個人情報の登録は必要になります)。

  • ランサーズ

様々なタイプの案件が登録される
1つのプロジェクトで複数採用は行われない
ワーカーの手数料は10万円以下は20%、10~20万円の部分は10%、20万~の部分は5%

  • クラウドワークス

「ブログライティング、webコンテンツ作成」系の仕事が多い
1つのプロジェクトで複数採用がある
ワーカーの手数料は10万円以下は20%、10~20万円は10%、20万~は5%

  • シュフティ

名前の通り主婦向け案件がメイン
ライティングが多い
メール返信業務、商品の梱包業務といった内職系もある
報酬金額に関わらず手数料は10%

  • Shinobiライティング
  • サグーワークス

ライティングに特化したサイト
応募した案件で承認されれば、報酬をもらえる
クライアントとのやり取りがなくて楽
単価は安め(クローズド案件だと高単価のものもある)
在宅でたくさん仕事をしたいなら、複数のサイトに登録するのがおすすめです。

複数のサービスに登録すると、仕事のチャンスが増えます!

スポンサーリンク

クラウドソーシングの仕事のタイプ

クラウドソーシングでは仕事の進め方が3つほど存在します。それぞれに特徴があるので私と一緒にチェックしていきましょう。

タスク

質より量が必要なものを集めるタイプの仕事です。誰でも参加可能。制限時間内に仕上げて提出し、クライアントからOKが出れば報酬がもらえます。アンケートや、ミニ日記のようなものが多めですが、時々プロジェクト向きと思う内容のタスクが出ていることも…

プロジェクト

クラウドソーシングで最も一般的なタイプの仕事。
クライアントとワーカーが業務委託契約を結んで仕事を進めていきます。仕事の条件も交渉が可能です。単発の案件もありますが、長期的な案件も多く、本気で在宅ワーカーを目指すならプロジェクト案件の受注が必須。

コンペ

キャッチコピーやロゴ制作などに多いタイプの仕事で、クライアントは「こういう感じのロゴを作ってください」と依頼し、提案を受けた中から「これは」と思うものを選びます。採用されたワーカーに報酬が入ります。

クラウドワークスやランサーズなどのマッチングサイトの場合、ワーカーは自分でクライアントとやり取りをして仕事を進めていき、マッチングサイトは「場の提供」だけで案件そのものには関与しません。
ライティング特化型サービスでは、サービス会社とワーカーとのやり取りだけです。
スポンサーリンク

クラウドソーシングでの仕事の流れ

ライティングにおける仕事の進め方について説明していきます。ライティングでコンペはまず見かけないので、割愛。

タスク・コンペの場合

  1. 案件を見つけたら参加します
  2. 採用されたら報酬がもらえます

プロジェクトの場合

  1. 案件を見つけたら応募します
  2. 採用されたら、依頼された内容をよく理解して、わからないところはクライアントに確認しつつ仕事を進め、完成したら納品します
  3. クライアントがOKを出せば報酬がもらえます
スポンサーリンク

クラウドソーシング利用で気を付けることは?

クライアントも様々

大手と呼ばれるクラウドソーシングサービス自体は、あやしい業者ではないので安心して登録してください。

しかし、その先の仕事探しで様々なクライアントに出会うことになりますが、中にはワーカーの個人情報を抜き取ろうとするものや、「これって詐欺じゃないの」と思うような案件を発注してくるクライアントもいます。

サービス会社自体も取り締まりをしているようですが、すべてを排除しきれていないのが現状なので、あやしい案件もあること、あやしいと思ったらプロジェクトが進行してもお断りすることも大切です。
クライアントもワーカーも匿名で仕事が完結するようになっているので、基本的にはワーカー側の個人情報の提供は必要ありません。

クライアントが法人の場合、源泉徴収を行う必要があることから個人情報やマイナンバーの提供を求められることがあります。

経験不問でもクライアントは「プロ」に依頼している

web制作やデザインなどの案件には、一定のスキルを持った人が応募してきます。問題は、ライティングのような「必要なスキルがわかりにくい案件」の場合。

クラウドソーシングに集うライターといっても、ジャーナリストや出版社・新聞などで編集や記者をしていた「本物のフリーランスライター」もいれば、ライター経験がなく「私でもできそう」と登録してしまった人もいます。両者のスキルの差は歴然です。

クライアントもたくさんの人に応募してもらって、その中からスキルの高い人を選びたいと思うので「経験不問」と発注することがありますが、クライアントはビジネスとして「プロ」に依頼しています。
スキル不足はともかく、プロ意識とメールはこまめに返信、やり取りはビジネスライクに、レギュレーションと納期は絶対厳守といった、ビジネスマナーは必要です。

スポンサーリンク

まとめ

早い話がクラウドソーシングを使って仕事を受注する人は「個人事業主」になります。仕事を引き受けたら責任持って最後までやり遂げましょう。無理そうなら早めにクライアントに相談。あやしい案件には近づかない。オイシイ話は在宅ワークでも転がっていません!

仕事の進め方やサービスの使い方などは「習うより慣れろ」の部分も大きいですが、始める前にクラウドソーシングで仕事をしていく上での基礎知識は、持っておきましょう。