スカウトがくる! クライアントが注目するプロフィールの書き方

基礎知識

クラウドソーシングで副業を始めようと思ったら、何はともあれ完璧に作りこみたいのがプロフィールです。
なぜって?
それはワーカーの判断材料はプロフィールしかないから。
プロフィール、それは就活でいうところの「履歴書」兼「自己アピール」。

社会人として働いていらっしゃる皆さんは、聞き飽きたよもういいよってくらい、履歴書と自己アピールの重要性は聞いたことでしょう。
クラウドソーシングでも一緒なんですよねー。
そこで、クライアントが「おっ」と目を止めてしまうアピール力抜群のプロフィールの作り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

クラウドソーシングで稼ぐなら「スカウト案件」獲得が必須

まずプロフィールの充実の重要性から。

クラウドソーシングには、オープン案件とクローズド案件があります。派遣の世界でもそうだし、アフィリエイトやっている人ならクローズドASPとか招待制ASPとか聞いたことがあるでしょ?
おいしい案件は、できる人にしか見せてもらえない。クラウドソーシングにもそういう部分があるのです。

クローズド案件をもらうためには、「私は仕事ができる」ことをクライアントにアピールしなければなりません。
そしてアピれる場はプロフィール以外にないんですってば。だからプロフィールの作りこみが大切なのです。
具体的にクライアントはどこを見ているのか、ご紹介しましょう。

スポンサーリンク

ポイント1 顔写真・似顔絵を掲載しよう

まずはプロフィール画像。
ここを空欄のままにしておくのはマズイです。「やる気あるんか」と思われても、しかたがありません。
画像の設定は本気度のバロメーターです。

さて、このプロフィール画像。基本的にはなんでもいいのですが、クライアントにウケがいいというか、クライアントの評価が高いのが「自分の顔」です。信頼性でいえば顔写真が一番ですが、なかなか難しいですよね。そんな時はココナラなどで似顔絵を作成してもらうのもアリ。イラストが描ける人は自分で作るのもアリです。

無料のアイコンやイラストでもいいんですが、無料素材は「自分をアピールするには弱い」のです。だって汎用性を高めてありますからね。だれかとかぶる可能性もゼロではありません。

TVCMで話題の【ココナラ】無料会員登録はこちら

スポンサーリンク

ポイント2 ポートフォリオを作ろう! クラウドソーシングで活動履歴がなくても大丈夫!

ポートフォリオとは、書類を入れる平らなケースのことを言います。転じてクリエイター業界では自分の作品集のことを指す言葉です。履歴書で言うなら職務経歴書ですね。
webライターとして活動するなら、ポートフォリオを作成しましょう。ランサーズ、クラウドワークスなどに初めて登録するならなおさらポートフォリオは大切です。何ができるかわからない人にスカウトは来ませんからね。
登録したばかりで活動履歴がなくても、過去にライターとしての実績があればクライアントからは評価されます。

まったく何もない場合はこちらを参考に、

専門性がないなら作ればいいじゃない? 高単価ライターになる方法
ライティングは誰でも始められますが、高単価案件を取れるライターになるには「専門性」が必要です。じゃあ「ただの主婦です」には高単価は無理なのでしょうか?

キャリアを積んでいきましょう。
やったことを記していけば立派なポートフォリオの完成です。

スポンサーリンク

ポイント3 稼働時間・連絡可能な時間を明記する

活動稼働な時間、連絡可能な時間についても明記しておきましょう。
在宅ワーカーには主婦も多いため「16時以降は活動をしない」「土日祝日は活動しない」という人もいますが、クライアントの中には「在宅なんだからいつでも連絡はチェックするだろう」と、とんでもない時間に連絡を入れてくるところもあります。どの時間帯に連絡がつきやすいか、活動できる時間帯はいつかなど、はっきりさせておくことでド短期で納品など無茶な発注を控えてもらうことが可能に。向こうにとっても、連絡のつきやすい時間や稼働時間を把握しておくことで、無茶な発注しないで済むことになります。
こちらとしても、無理をするリスクを減らせるので一石二鳥です。

スポンサーリンク

ポイント4 「お気軽にお問合せください」とウエルカムな雰囲気を出す

最後に「お気軽にお問い合わせください」とウエルカムな雰囲気を出しておくと、初めましてのクライアントも連絡を入れやすくなります。この言葉は必ず入れておきましょう!

スポンサーリンク

まとめ:クライアント目線でプロフィールを作ろう!

クラウドワークスの登録者数は200万人、ランサーズは50万人? ランサーズに関しては会員数の数字がよくわかりませんでしたが、とにかくものすごくたくさんの人が登録している中から、クライアントは自分好みのワーカーを見つける必要があります。
だから「私はここですよー」と自分を見つけやすく、しかも「こんなスキルを持っています! これくらい働けます!」と、わかりやすくアピールすることが重要になってきます。
クライアントからすると、スキルだけでなく稼働時間などでのミスマッチも防ぎたいところですからね。
まずはプロフィールを充実させて、クライアントに目を留めてもらえるようにしましょう。本当はスキルがあるのにプロフィールがわかりにくい、そっけないで素通りされていたら、もったいなさすぎます!