パートしながら在宅ワークをしている人の年末調整・確定申告はどうするの?

確定申告

会社勤めやパート勤めをしながら副業している人、増えていますよね。勤めを持ちながらの副業って、年末調整や確定申告はどうすればいいのでしょう?

今回は「パート主婦がブログ収入を確定申告する」という設定でご紹介しますが、後半「人には言えないアルバイトをしている人の確定申告」も混ざっています。

スポンサーリンク

年末調整って何? 在宅ワークでも必要?

まず、「年末調整とは何か」から簡単に。

雇用されている人なら、年末に上司から「年末調整するから自分でかけてる保険とかない?」という話をされませんか?
収入に応じて課税される所得税は、給料から自動的に天引きされます。各人の生活状況に応じた控除は無視しているので、年末に「私はこれだけ保険料を払いました」と申告することで、払いすぎている所得税を返してもらえるのです。この手続きのことを年末調整といいます。
年末調整が必要になるのは、雇用されている人だけです。年末調整は雇用主の義務でもあります。専業フリーランサーには関係がありませんが、アルバイトやパートなど「従業員」である人は雇用主に年末調整してもらいましょう。多くの人は払いすぎているので、お金が戻ってきます。

主な控除対象は

  • 基礎控除
  • 配偶者控除
  • 配偶者特別控除
  • 扶養控除
  • 障害者控除
  • 寡婦(寡夫)控除
  • 勤労学生控除
  • 社会保険料控除
  • 生命保険料控除
  • 地震保険料控除
  • 小規模企業共済等掛金控除
  • 住宅ローン控除

など。

スポンサーリンク

在宅ワークの収入は、いくらから確定申告が必要?

では、パートをしながら在宅ワークをしている場合の「年末調整」はどうなるのでしょう?

まず年末調整は雇用されている場合に発生するものなので、雇用先で行いましょう。たとえ在宅ワークの収入のほうが多くても、これは関係がありません。
そして在宅ワークで所得が20万円以上ある場合は、確定申告が必要です。
ちなみにパートかけもちWワークの場合は、収入が多いほうの勤務先で年末調整を行い、もう一方は副業として確定申告を行います。

スポンサーリンク

Wワークの人の確定申告方法

さて、ではパートをしながら在宅ワークや、Wワークの確定申告をする方法について。

手元に源泉徴収票と、副業の報酬の明細や経費を準備してから行ってください。

そもそも年末調整は、1~12月の給料から取りすぎた所得税等を還付する手続きになります。で、従業員からの控除申請で計算しなおした結果、確定した所得税等をお知らせするのが「源泉徴収票」です。雇用側は1月31日までに税務署に通知しなくてはならないので、1月中にはもらえます。

確定申告の白色申告にはAとBがあり、パートをしている人はAを使います。専業在宅ワーカーはBです。
書類をもらってきたら、所定の欄に数字を書いて源泉徴収票と一緒に提出をします。白色申告の場合、帳簿の提出は不要です。
記入する書類は「第一表」と「第二表」がありますが、順番は第二表から。

第二表の書き方

ポイントとなる部分を赤色の数字で示しました。今回は「パート主婦の副業の確定申告」のつもりで説明しますので、扶養控除など端折る部分があります。ご了承ください。

1は所得の内訳を書きますが、メインのものも含めて書いてね。
勤め先がある場合は、源泉徴収票の数字を書き写します。ライティングやブログでの収益が事業所得に当たる場合も上の欄に。雑収入の場合は下の欄になります。事業所得と雑収入の線引きははっきりしておらず、税務署の判断でさえケースバイケースですが、事業所得の条件は継続性、安定性、職業として認知されている、事業として時間をかけて行っている、となっていますので参考までに。

2は、住民税をメインの勤務先から天引きするか、自分で払うかを選ぶところ。住民税の金額が跳ね上がることで「副業しているな」ということがバレてしまうため、副業を秘密にしていたいなら「自分で納付」にチェックを。

3は控除の申告欄です。メインの勤務先の社会保険料は「源泉徴収のとおり」と記して、源泉徴収票にある金額を。自分で支払った生命保険がある場合もここに書きます。

第一表の書き方

左側は、あなたが受け取った金額について。右側は、あなたが支払う金額について書いていきますよ。

1にはメイン・副業ともに、何も引かれていない金額を書きます。
2は実際の手取りを。
3は第二表にも書いた、差し引かれた社会保険料や自分で支払った生命保険料を書きます。
4は税金の計算です。所得の合計から控除される金額を引いたものが、今回の課税される金額です。1,000円未満は切り捨て。
35と36は電卓で計算してみてください。
34より36の数字が大きければ、還付金ということ。金額の前に△をつけましょう。
5は雑所得・一時所得の源泉徴収額を書きます。

ややこしい。
非常にややこしいですね。

そういう時は、クラウド会計ソフトでお任せしてしまいましょう。私は、本当にわからない人や、お金の出入りが複雑な事業主には「freee」をすすめていますが、「報酬-経費=所得」となるように単純な帳簿の人は、「MFクラウド確定申告」でも大丈夫だと思います。無料で使えるフリープランがあります。仕訳件数が限られているので、合計金額で書類を作りましょう。

いやもうどうにもわからんわ、という場合には税理士に相談できるサービスもあるので利用してみてください。ちなみに確定申告時期の無料相談系は激混みするのでご注意を。税務署に電話してもいいけど、出てきた税理士さんが超早口で全然理解できなかったのは私です。まあ、こういうこともあるよって話で…。

脱税のペナルティは重いので、しっかり確定申告しましょう!

 

 

はづき
はづき

取得が20万円以下で、給料や報酬から所得税を引かれていなければ、確定申告の必要はありません。逆に所得税を引かれているなら、20万円以下でも確定申告をしましょう。

副業が給与所得の場合は、20万円以下でも確定申告が必要です。

 

 

スポンサーリンク

Wワークは勤務先にバレる?

就業規則で副業を禁止している会社はたくさんあります。
また、ナイトワークなどちょっと人に知られたくない仕事をしている、という人もいますよね。そういう人にとって気になるのが「会社に内緒でやっている副業はバレることがあるのか」ということ。

マイナンバーが施行されたときに、マイナンバーからバレるのではという噂がありましたが、マイナンバーから副業がバレることはありません。たとえ「源泉徴収するのにマイナンバーがいるんだよね」と副業先に言われ、提出したとしても、このことが本業の会社にバレるということはないのでご安心を。
バレるとしたら、住民税からです。

住民税は本業の給与引き落としにすることが一般的ですよね。住民税は本業副業関係なく、あなたの稼ぎに対しかかるもの。「本業は本業の給与から」「副業は副業の口座から」というように、ばらばらに請求してもらえず、まとめて本業の給与口座から引き落としになります。だから、住民税を給与引き落としにしていると、人事総務の人が「この人、うちの稼ぎにしては妙に住民税高いなあ」と気づく可能性が。ここから副業がバレるのですね。

それを回避するのが、上でも紹介したように、確定申告で住民税を「自分で納付」にチェックを入れることです。
副業がバレたくない場合は、住民税は自分で納付するようにしましょう。